当社社員が「IEC1906賞」を受賞

2014年10月23日発表

10月14日、当社社員の松本 高治が、IEC(国際電気標準会議)から「IEC1906賞」を受賞しました。この賞は、IECにおける電気・電子技術の標準化活動に大きく貢献した者に対して、IECが表彰するものです。2014年は、世界21カ国から151名、そのうち日本からは31名受賞しました。当社社員の受賞は、松本で2人目です。

松本は、IEC/TC65(工業用プロセス計測制御に関する標準化を担当するIECの技術委員会)で、工業計器に関する専門家として、工業用計測機器の国際標準規格であるIEC61987シリーズの開発に尽力してきました。今回は、IEC61987シリーズの仕様記述(LOP: List of Properties)の策定、機器ごとに異なる担当委員会を横断しての規格のメンテナンスに貢献したことが高く評価されました。

今後も当社は、計測・制御に関わる国際標準化活動に積極的に参加します。

以上

トップ