「リゾートホテルにおけるITを活用した省エネの実現」がグリーンITアワード2012審査員特別賞を受賞しました。

2012年10月9日発表

 ザ・テラスホテルズ株式会社様と当社のITを活用した省エネルギー活動が、このたびグリーンIT推進協議会の「グリーンITアワード2012 審査員特別賞」を受賞しました。
 当社は第1回の2009年度、第2回の2010年度と連続で経済産業大臣賞を受賞しており、グリーンITアワードの受賞は3回目となります。

 今回受賞の対象となった「リゾートホテルにおけるITを活用した省エネの実現」は、ザ・テラスホテルズ様が独自に行っていた省エネ活動をベースとして、当社が具体的なエネルギー節減対策を提案し、両社で実行したものです。ザ・テラスホテルズ様は、独立行政法人中小企業基盤整備機構の"省エネルギー計測監視設備等導入事業"の助成金を利用してエネルギーの見える化を行っていました。そこで収集したデータを積極的に活用して具体的な省エネ対策を行うために、当社が協力して具体策を立案、当社の省エネ制御システム「エコノパイロット」や「エコノパイロットHSP」などを導入しました。
 さらに、ホテル内でPDCA(Plan、Do、Check、Action)活動を継続的に行うことで、ザ・テラスホテルズ様の2006年度から2011年度までのエネルギー消費量の累計削減実績は電力で約286万キロワット、A重油で69キロリットルとなり、大きな成果を上げました。
 受賞に当たっては、効果的な省エネ活動に加え、ユーザー企業の視点から積極的に省エネ技術を導入したことが評価ポイントとなりました。

 当社は、今後も持続可能な社会の実現に向け、計測・制御・情報の分野で培った技術と経験により貢献してまいります。

以上

※ グリーンITアワード
「ITの省エネ」及び「ITによる社会の省エネ」を両輪とする「グリーンIT」の取組みをより一層加速すべく、IT機器・ソフトウエア又はそれを活用したサービス、システム等(以下IT機器等)を開発・普及させたこと又は利用したことにより、社会におけるエネルギー使用量を削減させた場合等において、当該IT機器等を表彰することにより、エネルギー削減量の評価方法も含むグリーンITの活動を広く社会に浸透させ、環境保護と経済成長が両立する社会の実現に繋げるもの。

本件に関するお問い合わせ

トップ