カーエアコンの性能評価

株式会社デンソー様

カーエアコンの性能評価にPCベース高速データアクイジションユニット MX100をお使いいただいています。

株式会社デンソーは、本社を愛知県刈谷市におく、自動車用電装品・ラジエータの製造・販売におけるトップメーカです。

今回、取材を受けていただいた川畑様は、熱システム開発部に所属されており、カーエアコンシステムの開発品の実験・性能評価を担当されています。性能評価時の温度や圧力のデータ収集にデータアクイジションユニットMX100を採用いただいています。

「カーエアコンの使用環境を模擬的に実現し、開発品の冷房効率などの性能評価をしています。実際には、エアコンの温度を熱電対で計測したり、圧力関係などのアナログ出力をPCベース高速データアクイジションユニット MX100でデータ収集しています。」(川畑氏)
従来は、弊社製品データアクイジションユニットDA100をお使いいただいておりましたが、高速・多チャンネル・高耐圧のMX100の発売をきっかけにご採用いただきました。

川畑氏

「(DA100に比べて)測定周期が500msから100msに速くなったことと、設定が簡単になったこと、イーサネットが搭載されたことでPCとの接続性が向上したことが採用の決め手でした。実験室での性能評価に加え、実車での性能試験も行いますので、イーサネットが役に立ちます。場所を選ばず使用できるというのが大きなメリットですね。」(川畑氏)
MX100は標準でイーサネットが搭載されており、徹底して操作性向上を目指した製品であることから、ネットワークを利用したデータ収集には最適です。「実際の計測試験には、色々な準備に時間がかかるため実測にたどり着くまでが大変なんです。MX100は、操作性が非常によく、設定も簡単なので、計測試験の時間短縮に役立ちます。設定直後からデータがモニタリングできることや、データも分割保存できるので、自分の欲しいデータを任意に保存して便利に活用しています。」(川畑氏)

MX100

MX100では、PCソフトウエアの直感的な簡単オペレーションメニューで、面倒な設定がすべてパソコンから簡単に行えます。また、前回接続時の設定を保持しているので、次回接続時には自動接続できます。
「今後は、複数のMX100を接続して遠隔監視できるようなシステムの拡張を考えています。測定点数も増えていくので、ソフトウエアの拡張性があることもMX100の魅力だと思います。」(川畑氏)
データ収集システム統合ソフトウエア DAQWORX(別売)により、計測システムの規模やデータ収集方式の機能を拡張できるので、より幅広いアプリケーションにてご活用いただけます。

 

お客様紹介

株式会社デンソー
http://www.denso.co.jp/ja/

熱システム開発部 川畑様 熱システム開発部
川畑様

 

※ここに掲載している内容は、2006年12月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

業種

関連製品&ソリューション

DAQMASTER™シリーズ MX100

モジュール構成による柔軟な機能拡張性、イーサネットによる高速通信(100Base-TX)と 省配線、配線距離に制約されない設計自由度で、測定環境に最適なデータロギングシステムを構築できます。

トップ