UT350で通信経由にて警報設定値を書き込んでいました。UT350の時には警報設定値は1SPから4SP共通となっていました。UT35Aに更新する場合は、どうすればよいですか?

GREEN互換レジスタのD0231(警報1設定値)~D0233(警報3設定値)をご使用ください。
(例)D0231:A1_G(GREEN 用警報1 設定値)

書き込み:A1_Gに書き込んだ値をA1_L1_1 ~ A1_L1_4に書き込みます。
A1_L1_1(D2504)
A1_L1_2(D2524)
A1_L1_3(D2544)
A1_L1_4(D2564)

関連製品&ソリューション

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT32A-D

2ループ制御対応で、コンパクトなサイズ(48x96mm)のディジタル指示調節計です。 ラダーシーケンス機能も搭載し、DINレール取付にも対応しています。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT35A/UT32A

ディジタル指示調節計 UT35A/UT32A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

トップ