横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

[レーダーレベル計] PULS60シリーズのアンテナには、カプセル形、フラット形、ロッド形、ホーン形、コーン形などがありますが、どのように使い分ければよいですか?

測定対象物が液体であれば、まず PULS64 をご検討ください。その中で、耐食性が必要なものはカプセルアンテナ、それ以外はフラットアンテナを使い分けます。ともに結露や付着が付きにくい衛生的な材質と形状です。
測定対象が粉体粒体であれば、PULS69 をご検討ください。フラットアンテナは付着が付きにくい材質と形状です。
ロッドアンテナは、PULS65 で選択できます。電波放射角が広いので波立ち・泡立ちが多い液面を広くとらえます。耐食性があります。
コーンアンテナは、PULS61 で選択できます。取り付け口が小さく、耐食が要求される場合に使います。小形のタンク向けです。
フラットアンテナは、PULS63 / PULS64 / PULS69で選択できます。放射角が比較的狭く、耐食性も優れています。
ホーンアンテナやパラボラアンテナは放射角を狭め、測定距離を向上させる効果があります。
同一型式にて、アンテナ口径が大きい程、放射角が狭くなりタンク内構造物からの不要な反射の影響を受けにくくなります。設置が可能な限り大きめのアンテナを選択してください。

関連製品&ソリューション

  • レーダーレベル計

    レーダーレベル計は測定面(主に液体、粉体、粒体)へ向けてレーダー波を発信し、反射して戻ってきたエコーを受信するまでの時間によりレベルを測定します。測定レベルに対応した4 ~20 mA DC 信号を発信・伝送します。レーダーレベル計は温度、圧力などの周囲環境や測定対象の密度、波立ちなどに影響されにくいため、従来は測定困難だったアプリケーションにも対応できます。非接触測定で可動部が無いため、メンテナンスの手間を低減できます。TIIS 本質安全防爆仕様に対応したモデルもあります。

    さらに見る

トップ