横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

[ガイドパルスレベル計] FLEXシリーズを壁際ギリギリに設置したいので塩ビ管に通そうと考えています。測定に影響はありますか?

ワイヤ回りの電磁界は塩ビ管を通過するので設置する意味はほとんどありません。壁面からは 30 cm ~ 50 cm 以上(コンクリートの場合)離して設置する必要があります。金属管を使用すれば、電磁界が閉じ込められるので壁際への設置も大丈夫です。また、同軸タイプのセンサも大丈夫です。ただし、この時、防波管の長さよりセンサを短くする必要があります。

関連製品&ソリューション

  • ガイドパルスレベル計

    ガイドパルスレベル計は、ワイヤ、ロッド、同軸チューブを伝わる電流パルスが、被測定物質で反射して戻るまでの時間によりレベルを求めます。界面(たとえば水と油の境界面)が測定できる機種もあります。測定レベルに対応した4 ~20 mA DC 信号を発信・伝送します。電流パルスは、ワイヤやロッドの表面あるいは同軸チューブ内を伝わるので電波を放射せず電磁界の広がりも少ないため、狭い場所への設置ができ、湯気や粉塵の影響も受けにくいといえます。従来難しかった液体、粉体などさまざまなアプリケーションに対応します。

    さらに見る

トップ