横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

[ガイドパルスレベル計] ガイドパルスレベル計の測定原理は何ですか?

センサ部からガイドワイヤやロッドに流した電流パルスが被測定物質で反射し、再度ガイドワイヤやロッドを伝わってセンサに戻るまでの往復時間 (t) と電流パルスの速度 (c: およそ 30 万km / sec ) から距離(レベル)を求めます。被測定物質までの距離 (L) はL = ( t × c ) / 2 となります。

関連製品&ソリューション

  • ガイドパルスレベル計

    ガイドパルスレベル計は、ワイヤ、ロッド、同軸チューブを伝わる電流パルスが、被測定物質で反射して戻るまでの時間によりレベルを求めます。界面(たとえば水と油の境界面)が測定できる機種もあります。測定レベルに対応した4 ~20 mA DC 信号を発信・伝送します。電流パルスは、ワイヤやロッドの表面あるいは同軸チューブ内を伝わるので電波を放射せず電磁界の広がりも少ないため、狭い場所への設置ができ、湯気や粉塵の影響も受けにくいといえます。従来難しかった液体、粉体などさまざまなアプリケーションに対応します。

    さらに見る

トップ