監視カメラの仕様

お客様から寄せられた監視カメラの仕様について、よくある質問をご紹介いたします。課題解決にご活用下さい。


Q1:どのくらい先まで見えますか?

A1:標準仕様では光学36倍×電子20倍のズーム倍率で、監視対象により異なりますが、一例として100m 先の車両のナンバープレートが識別できる程度です。


Q2:どのくらい暗いところが見えますか?

A2:白黒モードでの最低被写体照度は 0.04ルクス (501RE, F1.4, AGC_high) です。
人間が歩ける程度の暗さなら専用の照明なしで監視が可能です。(現場にてのフィールド試験をお勧めします)


Q3:カメラと操作器の最長距離は?

A3:カメラ (FC33/FC34) と操作器 (FHC33) 間の伝送距離は最大1,200m です。
FC34とモニタを接続する場合の伝送距離はケーブル補償器なしでは最大300m です。(ケーブル補償器ありでは最大1,200m)


Q4:配線には専用ケーブルが必要ですか?

A4:いいえ。下記の汎用ケーブルで大丈夫です。

  • 電源ケーブル :3芯1.25mm2 (外径Φ10mm:JIS C3312 または外径Φ7.8mm:JIS C3306)
  • 映像信号ケーブル :75Ω系同軸ケーブル (5C-2Vまたは7C-2V)
  • 制御信号ケーブル :0.5mm2 2対ツイストペアシールドケーブル (外径Φ8mm)

※ノイズ環境が厳しい場所に配線される場合には、ビデオトランスのご使用をお勧めします。


Q5:カメラと操作器の距離を数キロメートルにしたい場合は?

A5:光ファイバーケーブルを利用することで 30km 位まで伝送可能です。
具体的なシステム構成についてはご相談ください。


Q6:操作器の種類は?

A6:FHC13 の専用キーボード FHC34 によりジョイスティックを使用可能です。
また、Webカメラサーバ FHC35 を用いることで PC 上のブラウザからの監視/操作が可能です。


関連製品&ソリューション

監視カメラソリューション

監視カメラソリューション PlantEye は、あらゆる設置環境に適合した監視カメラに安心・安全及び環境保全に関する各種アプリケーションをプラスした、プラント向けのソリューションです。 理想のプラント実現のため、「PlantEye」を提案します。

トップ