ZS8D/ZS8C 防爆形ジルコニア式酸素濃度計の出力信号について

防爆形ジルコニア式酸素濃度計変換器には、4~20mA DCの電流出力が1点あります。
測定値(酸素濃度)の出力レンジは、0~5から0~25vol% O2の範囲で任意に設定可能です。
また、パーシャルレンジの設定もできます(最大値と最小値の比は1.3以上)。
さらに、以下の出力機能も設定することができます。

・スムージング係数の設定
測定ガスの酸素濃度が急変するような場合、その値をそのままコントロールに使用するとオン・オフ動作が頻繁になるなどの弊害が生ずることがあります。
このような場合は、適当な時定数を与えることで、信号の変化をなだらかにすることができます。
時定数は0~255秒まで設定することができます。

関連製品&ソリューション

防爆形ジルコニア式酸素濃度計 ZS8

変換器と検出器ともにTIIS対応耐圧防爆構造です。石油精製、石油化学、都市ガス製造など防爆雰囲気での各種工業炉の燃焼監視および低酸素燃焼制御に最適の酸素濃度計です。
 

トップ