一体型ジルコニア式酸素濃度計の接点出力について

一体型ジルコニア式酸素濃度計には、接点出力が2点用意されています。
接点出力1は、常時励磁にするか常時非励磁にするかを選択することができます。また、設定項目も選択することができます。
接点出力2は常時励磁で、検出器ヒータ電源の安全スイッチと連動しています。そのため、接点出力2が出力されると、検出器ヒータへの電源供給が止まり、その結果、「Err-01」(セル起電力異常)または「Err-02」(ヒータ温度異常)が発生します。
設定できる項目は下記のとおりです。

  1. アラーム関係
    • 上上限警報
    • 上限警報
    • 下限警報
    • 下下限警報
    • エラー

  2. その他の設定
    • 暖機中
    • 校正中
    • 保守中
    • 出力レンジ切り替え中(接点入力のアンサーバック)
    • 校正ガス圧力低下(接点入力のアンサーバック)
    • 未燃ガス検知(接点入力のアンサーバック)

関連製品&ソリューション

一体型ジルコニア式酸素濃度計 ZR202G

一体型ジルコニア式酸素濃度計ZR202Gは、検出器と変換器が一体化された構造になっています。サンプリング装置は不要で、検出器をそのまま取り付けて、700°Cまでの煙道ガス中の酸素濃度を測定できます。
変換器部は、蓋を開けずに現場で操作可能、現場でヒータアセンブリを交換できます。

一体型ジルコニア式高温湿度計 ZR202G

検出器・変換器一体型の高温湿度計です。
変換器部は蓋を開けずに現場で操作ができます。
検出器部は現場でヒータアセンブリを一式交換が可能、サンプリング装置も不要でメンテナンス性に優れています。

トップ