一体型ジルコニア式酸素濃度計の検出器の設置場所と取り付け時の注意事項について

一体型ジルコニア式酸素濃度計を設置する場所でないと、正しい測定ができなかったり、短時間でヒータ断線やセンサを破損させたりすることがありますので注意が必要です。

下図に不適切な設置例および適切な設置例を示します。
検出器の設置に際しては、これらを参考にしてください。

設置例

関連製品&ソリューション

一体型ジルコニア式酸素濃度計 ZR202G

一体型ジルコニア式酸素濃度計ZR202Gは、検出器と変換器が一体化された構造になっています。サンプリング装置は不要で、検出器をそのまま取り付けて、700°Cまでの煙道ガス中の酸素濃度を測定できます。
変換器部は、蓋を開けずに現場で操作可能、現場でヒータアセンブリを交換できます。

トップ