TB700G/TB700Hの定期的に点検・保守が必要な項目と周期について

良好な運転状態を保つための主な点検・保守項目と推奨周期を下表に示します。
実施周期は個々の運転条件により変わりますので、下表を目安に適切な周期で実施してください。

(1)TB700G透過散乱形濁度計の点検・保守項目と実施周期の目安

点検・保守項目 実施周期
測定槽内の懸濁物の排出 適時
測定槽ノズルの掃除 適時
測定槽の掃除 1週間
脱泡槽の洗浄 1ヶ月
ランプ交換 2年
濁度標準による校正 1ヶ月
測定液による実液校正 適時
乾燥剤の点検・交換 6ヶ月
電磁弁、モータおよび各入出力の動作チェック 6ヶ月
電磁弁の点検・交換 6ヶ月
ワイパ洗浄装置の点検およびワイパの交換 6ヶ月
ゼロ濁度フィルタエレメントの交換 1年
ヒューズの交換 1年
配管の掃除 6ヶ月
検出器および変換器の前面カバーの掃除 適時

 

(2)TB700H高感度透過散乱形濁度計の点検・保守項目と実施周期の目安

点検・保守項目 実施周期
測定槽内の懸濁物の排出 適時
測定槽の掃除 1週間
脱泡槽の洗浄 1ヶ月
ランプ交換 1年
濁度標準による校正 1ヶ月
測定液による実液校正 適時
乾燥剤の点検および交換 6ヶ月
電磁弁および入出力の動作チェック 6ヶ月
電磁弁の点検・交換 6ヶ月
ゼロ濁度フィルタエレメントの交換 1年
ヒューズの交換 1年
配管の掃除 6ヶ月
検出器および変換器の前面カバーの掃除 適時

関連製品&ソリューション

透過散乱形濁度計 TB700G

透過散乱形濁度計は、色の影響を受けない高精度測定が可能な測定方式を採用しています。浄水場の操業・管理用以外にも、各種産業における水の測定・管理用として広く使用されています。

高感度透過散乱形濁度計 TB700H

透過散乱形濁度計の特徴を生かしたまま、より高感度(最小レンジ:0-0.2度)を実現させました。

トップ