TB400G 表面散乱形濁度計のシステム構成について

TB400G 表面散乱形濁度計は、検出器および変換器の測定系部分と、測定水、ゼロ濁度水および洗浄水を供給するためのサンプリング装置で構成されます。
本器は、検出器および変換器の測定系のみのシステムと、サンプリング装置を付加したシステムに大きく分類できます。
また、付加されるサンプリング装置は、仕様により3つのタイプに分類することができます。
それぞれのシステムの概要について説明します。

(1)サンプリング装置なし(TB400G-□-□-NN)
検出器および変換器の測定系のみのシステムで、任意のサンプリング装置に組み込むことができます。
安定した濁度測定を行うために、測定水ラインには脱泡槽兼ねたヘッドタンク(定水位槽)を設置してください。
検出器の流量条件は、1.5~2L/minです。
また、200度以下の濁度を測定する場合は、ゼロ濁度水(ゼロ濁度フィルタで濾過した水)を供給できるように配管してください。

(2)サンプリング装置あり、自動洗浄・自動ゼロ校正なし(TB400G-□-□-A1)
検出器および変換器の測定系に、測定水、ゼロ濁度水および洗浄水を手動で供給するためのサンプリング装置を組み合わせたシステムです。
測定水は、測定水入口からヘッドタンクに流入します。
脱泡された測定水は、一定流量で検出器測定槽内に流入し、測定水出口から排水されます。
洗浄水は、水道水入口から手動弁の操作により、検出器測定槽へ供給されます。
ゼロ濁度水は、水道水入口からゼロ濁度フィルタを通り、手動弁の操作により、ヘッドタンクを経由して検出器測定槽に供給されます。

サンプリング装置あり、自動洗浄・自動ゼロ校正なし(TB400G-□-□-A1)

(3)サンプリング装置あり、自動洗浄あり、自動ゼロ校正なし(TB400G-□-□-A2)
前述(2)のタイプに自動洗浄機能を付加したシステムです。
このシステムのサンプリング装置には、洗浄水配管および検出器排水配管に電磁弁が設置されていて、洗浄コントローラに設定されているシーケンスで検出器測定槽の洗浄を自動的に行います。 なお、洗浄用のパラメータは、変換器で設定します。

サンプリング装置あり、自動洗浄あり、自動ゼロ校正なし (TB400G-□-□-A2)

(4)サンプリング装置あり、自動洗浄・自動ゼロ校正あり(TB400G-□-□-A3)
前述(3)のタイプに自動ゼロ校正機能を付加したシステムです。
このシステムのサンプリング装置には、測定水配管、洗浄水配管およびゼロ水配管に電磁弁が設置されていて、変換器に設定されているシーケンスで検出器測定槽の洗浄およびゼロ校正を自動的に行います。
自動ゼロ校正は、自動洗浄を行った後、ゼロ水を通水し、指示が安定したところでゼロ校正演算を行います。

サンプリング装置あり、自動洗浄・自動ゼロ校正あり(TB400G-□-□-A3)

関連製品&ソリューション

表面散乱形濁度計 TB400G

表面散乱形濁度計は、セル窓の汚れによる測定誤差がありません。また、前面からのアクセスで、保守メンテナンスが容易です。浄水場・放流水の濁度測定に最適です。

トップ