SC72 パーソナルSCメータにおけるエラーメッセージの原因と処置について

パーソナルCメータSC72は、異常を検知するとメッセージエリア(補助表示部)にエラー表示(エラー番号が点滅)を行います。エラー番号に対応した「エラー内容」、「状況および原因」、「処置」の概要を下記に示します。

SC72 エラー番号、エラー内容、原因および処置

エラー番号 エラー内容 原 因 処  置
Err1 温度補償演算値オーバー 設定されている温度係数が0.00~9.99%/℃の範囲を超えていた場合、または測定液が上記の範囲を超えていた場合に表示される。
  • 温度係数を計算し直して再設定する。
  • 測定液の温度を25℃に近づけて測定する。
Err2 温度測定範囲オーバー 測定液の温度が-10~120℃の範囲を超えたときに表示される。検出器ケーブルが未接続および断線の場合も表示される。
  • 測定液の温度を0~80℃以内にする。
  • 上記の処置を施してもエラーが消えない場合は、検出器を交換する。
Err3 校正エラー 校正時に演算されたセル定数が、設定されているセル定数の±20%の範囲を超えた場合に表示される。
  • 検出器に汚れが付着しているか確認する。汚れがある場合は洗浄する。
  • 使用した標準液が正しいか確認する。
  • 上記の処置を施してもエラーが消えない場合は、検出器を交換する。
Err6 本体電気回路部異常 本体電気回路部に異常が発生した場合に表示される。
  • 購入した販売店に連絡してください。
or 測定レンジオーバー 導電率測定値が測定範囲の最大値を超えた場合に表示される。
  • レンジを固定している場合は、適切なレンジに設定し直す。
  • 測定液に合う検出器を選定する。

関連製品&ソリューション

パーソナルSCメータ SC72

当社ロングセラーSC82の機能を継承した実績のあるパーソナルSCメータです。300点データメモリ、時計表示、自己診断など、便利で多彩な機能を持ち、本体は防水構造IP67対応、水回りの現場にも最適です。

トップ