横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

電磁導電率検出器の取り付け方法について

各種の取り付け用部品が用意されていますので、用途に合わせて選択してください。

ピットや開放型のタンクなどで、検出器を浸漬させて測定したい場合:
潜漬形ホルダ(ISC40FDJ)を使って取り付けてください。材質は耐熱塩化ビニル樹脂またはステンレス鋼(SUS316)、長さはそれぞれ1.0m、1.5m、2.0mの3種類です。

配管の途中から抜き出して測定したい場合:
流通形ホルダ(ISC40FFJ)を使って取り付けてください。

配管や密封型タンクに直接取り付けたい場合:
IDFクランプ(ISC40FSJ-STWJ)、溶接ソケット(ISC40FSJ-SCWJ)、ねじ込みソケット(ISC40FSJ-SCSJ, ISC40FSJ-PCSJ, ISC40FSJ-FCSJ)を用意しています。

外形寸法や仕様などの詳しい内容については、下記資料を参照してください。
一般仕様書 ISC40 電磁導電率検出器(GS12D6B1)

関連製品&ソリューション

電磁導電率検出器 ISC40GJ , ISC40SJ

汚れ・磨耗・腐食の対策が必要なアプリケーションでも高精度で導電率を測定します。
測定可能範囲:1 μS/cm~1999 mS/cm
プロセス温度:-10~130°C

トップ