イーサネット通信搭載調計とPLCにて高速データ収集システムの構築

概要

現場に設置されている調節計の測定値/目標設定値/制御出力値をイーサネット通信を利用して高速に(10台分を1秒以内)PLCへデータ収集するシステムをご紹介します。

イーサネット通信搭載調節計とPLCにて高速データ収集システムの構築

  • UT55A/UT35Aに搭載可能なイーサネット通信機能は、100BASE-TX/10BASE-Tに対応しています。
  • イーサネット通信機能に標準装備している高速レスポンスモードを 使用することで、PLC等(上位側)からのデータ要求に高速で応答することが可能です。 UT 内部のイーサネット通信専用レジスタに測定データ等を格納しているため、上位側はそのレジスタにアクセスすることで、高速にデータ取得が可能となります。高速レスポンスで収集可能なデータは、PV値、SP値、MV値、エラー情報(PV入力やA/D動作)、警報のON/OFF情報、運転情報(RUN/STOP等)です。
  • ゲートウェイ機能の活用で、RS485通信(Modbusプロトコル)機能を搭載した他調節計をRS485通信にて最大31台まで接続可能です。このうちUT55A/UT35A本体を含め、最大8台まで高速レスポンスモードを使用して、高速データ収集が可能です。

関連製品&ソリューション

ディジタル指示調節計(温調計) UT55A/UT52A

ディジタル指示調節計 UT55A/UT52A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT35A/UT32A

ディジタル指示調節計 UT35A/UT32A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

トップ