ボイラーのドラムレベル制御

概要

ボイラードラムレベル制御における課題

  • 従来機種(YS170やSLPC)では、単要素制御機能をユーザープログラムにて構成する必要がありました。
  • シングルループコントローラ YS1700では「プライマリーダイレクト機能」により、ユーザープログラムにてパラメータを切替えることにより、単要素制御を実現する事が出来ます。

3要素制御

  • ドラムレベルに対する外乱は、主蒸気流量の変動です。
  • 下図にドラムレベルコントローラを示します。給水流量を主蒸気流量の変動にすみやかに追従させるため、1.ドラムレベル、2.主蒸気流量および3.給水流量を測定して給水制御弁を操作し、ドラムレベルを制御します。これが3要素制御です。
  • このコントローラは、ドラムレベルコントロールユニットおよび給水流量コントロールユニットを備えたいわゆるカスケード方式の3要素制御コントローラです。

単要素制御

  • ボイラ立上げ時は、給水流量および主蒸気流量が測定可能下限界以下になりLIC-FICのカスケードによる3要素制御が不安定になります。
  • その時は、給水流量調節計を介さず直接ドラムレベル調節計で給水調節弁を操作する単要素制御が有効です。

ボイラーのドラムレベル制御

業種

関連製品&ソリューション

プログラマブル指示調節計 YS1700

YS1700 プログラマブル指示調節計は、ユーザプログラムにより、様々なアプリケーションに対応することができるシングルループコントローラです。横河独自の高信頼化技術と使いやすさおよび拡張性を兼ね備えています。

トップ