煙突内の温度モニタ

要件

お客様の要望は、煙突の温度を監視したいというものでした。排気は煙突内を流れる間に熱せられ無害な成分に変わります。煙突内の温度を設計通りに維持することが重要です。

要件 イメージ

 

利点

  • 煙突内の温度を制御することによって、排気を無害な状態に維持します。
  • 配線の必要はありません。

 

課題

煙突内の測定点は約30箇所あり、地上30mに位置していました。煙突は、中央制御室から約300m離れていました。

 

ソリューション

お客様は、煙突内の温度をモニターするために、ワイヤレス多点温度伝送器を選択しました。30箇所の測定点をカバーするために、4台のYTMX580が据付けられました。柔軟性に優れた当社のプラントワイド・フィールド無線システムが選ばれました。

機器リスト

YTMX580(多点温度伝送器)× 4

YFGW510(フィールド無線用アクセスポイント)× 1

YFGW410(フィールド無線用管理ステーション)× 1

 

まとめ

多点温度伝送器YTMX580

お客様は30箇所の測定点をカバーするために、煙突に沿ってYTMX580を4台設置しました。8点の入力を処理できる温度伝送器YTMX580によって、費用効率に優れたソリューションが実現しました。排気を無害な状態に維持し環境負荷を削減することができました。煙突と中央制御室との間にケーブルを敷設する必要がなかったため、ケーブル敷設の費用と建設期間を削減することができました。

お客様は当社のプラントワイド・フィールド無線インフラを活用して、他の無線アプリケーションも工場に導入する計画です。

多点温度伝送器YTMX580
YTMX580 Multi-Input Temperature Transmitter

業種

関連製品&ソリューション

YFGW410 フィールド無線用管理ステーション

YFGW410 フィールド無線用管理ステーションは、国際計測制御学会(ISA: International Society of Automation)のインダストリアルオートメーション用無線通信規格 ISA100.11a に準拠しています。本製品には、ISA100.11aが規定するシステムマネージャー、セキュリティマネージャー、ゲートウェイの機能が搭載されており、「フィールド無線用アクセスポイント YFGW510」や「フィールド無線用メディアコンバーター YFGW610」と組み合わせてフィールド無線システムを構成します。

YFGW510/YFGW520 フィールド無線用アクセスポイント

YFGW510/YFGW520 フィールド無線用アクセスポイントは、国際計測制御学会(ISA: International Society of Automation)のインダストリアルオートメーション用無線通信規格ISA100.11aに準拠しています。本製品はISA100.11aが規定するバックボーンルータの機能が搭載されており、「フィールド無線用管理ステーション YFGW410」や「フィールド無線用メディアコンバーター YFGW610」と組み合わせてフィールド無線システムを構成します。

YTMX580 多点温度伝送器

YTMX580多点温度伝送器は、最大8 点の温度をIEC 規格の熱電対 (Type K,E,J など8 種類) あるいはIEC 規格の測温抵抗体 (Pt100 など3 種類) の信号として入力し、測定値に対応した値を無線信号に変換して伝送します。また、直流電圧、抵抗、および4 ~20mADC の信号入力もできます。

フィールド無線

横河フィールド無線ソリューションの柔軟性は、インフラに対する大きな投資を必要とせず、プラントオペレーションのより詳しい情報取得を可能とします。

無線インフラ

横河電機はIoTを実現するISA100互換のゲートウェイ、アクセスポイント、メディアコンバータおよび管理ステーションを提供します。お客様のニーズに合致するネットワークを構築することができます。

無線温度伝送器

横河電機は、2入力のYTA510と多点入力のYTMX580温度伝送器を提供します。

トップ