内部統制システム

YOKOGAWAでは、企業価値を高めるために人財、資産、予算といった経営資源を適切に配置し、それらを機能的に動かす経営管理のことを「内部統制」と位置づけています。

内部統制を実現する手段として内部統制システムを構築し、「経営効率の向上」、「不祥事の防止」の両面をコントロールしています。
『企業倫理システム』、『意思決定システム』、『業務マネジメントシステム』、『危機管理システム』、及び、『監査役監査の環境整備』からなる展開システムごとに責任部署を定め、グループを横断する規程を定めています。各システムの責任者は、システムの監査機能を有し、グループ各社のシステムが実効性・効率性を確保(維持改善)するよう活動します。重要な事項については、取締役会及び監査役に報告しています。内部統制システムの実施に当っては、結果指標、行動指標を明確にし、指標の達成状況の評価に合わせてPDCAサイクルを回しています。内部統制システムの有効性に関する内部監査は、「グループ内部監査規程」に基づき、内部監査担当部署が実施しています。

これにより、業務の適正を確保し、グループ全体の企業価値の向上を目指しています。

トップ