創業の精神

創業者 横河 民輔

創業者 横河 民輔

横河電機の創業は大正4年(1915) 9月1日です。
創業にあたり、創立者である横河民輔はつぎのように語り、若い所員をはげましました。
「君たちは、この仕事でもうけようなどと考える必要はない。それよりもまず、技術を覚え、技術をみがくことだ。横河電機の製品はさすがに良い、といわれるようにしてもらいたい。」
この言葉は、横河電機の100年有余の歴史をつらぬく創業の精神となり、「品質第一」として今日まで受け継がれています。

トップ