侵入監視

侵入検知センサー

外周警戒システムを構築する上で早期発見、早期対処に直結する侵入検知センサーの選定は重要になります。その特徴は検知性と誤認性で掴むことができます。

外周侵入警戒センサーの特徴

種類 設置方法 検知性 誤認性 留意点
歩行
走行
フェンス乗り越え・切断 風雨
積雪
濃霧
小動物・草木
マイクロ波センサー 独立設置 警戒ラインは直線的で平坦であること
赤外線センサー 警戒ラインは直線的で平坦であること
濃霧の影響を受けやすい
トートワイヤセンサー 独立設置またはフェンス取付 直線警戒
トラップセンサー フェンス取付 警戒ラインの地形に影響を受けない
電界式埋没センサー 埋没 地形に左右されないが施工に技術を要する

 

洋上侵入検知

人・船舶等の海上からの不法侵入を検知し、侵入者への警告や映像の記録等の集中監視を行います。

  • サーマルカメラや近赤外線カメラの設置により、漆黒の海でも不審船の画像検知が可能
  • 集中監視室での24時間監視・管理
不審船追尾システム

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ