エネマネ事業

YOKOGAWAのエネマネ事業

  • このような構想や課題をお持ちの方に最適な制度です
    • 老朽設備の更新計画
    • EMSによるエネルギーマネジメントのデジタル化で、効率的で継続的な省エネを実現したい
    • 地球温暖化対策、競争力強化のために補助金を活用したい


*2018年度より

 

 

  • 設備・プラントと制御・運用・操業をマトリクス視点でとらえ、エネルギー効率化テーマを抽出します。

  • エネマネ事業の申請要件は、EMSの制御効果と運用改善で工場全体の2%以上のエネルギー削減が必要でした。2108年度から行われたバウンダリー申請により事業者が独自に決めた範囲に限定した申請ができるようになりました。

  • 工場のエネルギー効率化のために、新たにセンサーやEMSを導入する場合、コネクテッド・インダストリーズ税制をご活用頂けます。

省エネ補助金のご紹介とポイント

工場の省エネルギー対策に対して補助金が支援される制度です

設備更新、エネマネ事業を活用すると省エネ対策費用の1/3が補助されます

 

エネマネ事業

バウンダリー申請 *3 により大規模工場での補助金活用の可能性が広がりました

*1  SIIに登録されたEMSを用いて、エネマネ事業者と「エネルギー管理支援サービス」を契約し、省エネ対策を実施する事業
*2  Energy Management System
*3  工場全体では省エネ基準を満たせない場合でも、対象エリアを限定した補助金申請が行えるように規制が緩和されました。
*4  大企業かつ申請区分(b)+(d)、投資回収年数7年以上の場合の補助率です。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ