コミュニケーション支援サービス SensPlus Buddy

SensPlus Buddy

「SensPlusTM Buddy」は、モバイル端末を活用し、遠隔地から現場をサポートするコミュニケーション支援サービスです。直観的な操作で、ビデオ通話やAR(Augmented Reality:拡張現実)技術による視覚的な情報伝達、画像や文章の送信による情報共有が可能です。「SensPlus Buddy」を活用したスムーズで的確なコミュニケーションにより、保全作業を効率化し、ミスによる損失を軽減できます。安全で安心できる保全活動が可能になります。

「動画」タブにて、デモンストレーションビデオをご覧いただけます。

 

 

主な機能

(1) ビデオ通話

専用のホームページよりログインし、相手のグループネーム、ユーザ IDを指定、コールすることで1対1のビデオ通話ができます。 従来のトランシーバや電話といった音声のみでのコミュニケーションよりも、はるかに豊富な情報を瞬時に共有できます。

 

SensPlus Buddy

 

(2) 画面描画

通信相手のビデオ画面や、操作マニュアルなどの画像を取り込んで、ペンで自由に描画できます。 「あれ」や「それ」といった曖昧な指示ではなく、現場からの映像上に直接指示を描きこむことで、より的確で分かりやすい指示を行うことができます。

 

SensPlus Buddy       SensPlus Buddy

 

(3) 画像ファイル共有

画面描画機能で編集した画像を、相手へ送信することができます。送信された画像は描画領域に表示されますので、すぐにペン機能でコメントを加えて、返信することも可能です。

 

(4) ユーザ管理

高セキュリティ認証システムにて、ユーザやユーザグループを管理します。ユーザ登録により、許可されたグループの別ユーザへコールすることができます。音声データ・ビデオデータは、ユーザ間で直接通信するので、中継・通信サーバにデータが残ることはありません。

(5) グループ間通信

グループ間の通信許可を行うことで、他のグループに所属するユーザと通信することができます。一方のみにコールを許可する設定と、両者にコールを許可する設定があります。

手軽さを追求したシステム構成

(1) ソフトウェアのインストール・設定が不要

SensPlus Buddyは、Webブラウザベースのアプリケーションなので、インターネットの接続環境があれば、Webサイトの閲覧を行うような感覚で使用可能で、ソフトウェアのインストールや設定作業が不要です。そのため、お客様が使用しているPCやタブレットおよびスマートフォン等のデバイスがそのまま使用できます。

(2) 既存インターネット環境の活用が可能

SensPlus Buddyの運用サーバーはインターネット上に置かれ、当社にて運営・管理を行います。そのため、お客様にご用意いただく通信環境は、インターネット通信環境のみです。またモバイル(3/4G・LTE)通信とWi-Fiネットワークの両方に対応しているので、別途ネットワーク構築することなく、既存インターネット環境をそのまま使用できます。

(3) セキュアなデータ通信の実現

通信データはサーバー上に一切保存されません。また、すべての通信はhttps(SSL/TLS)で暗号化されており、通信経路上での盗聴や第三者によるなりすましを防止する処置を実装しています。

 

SensPlus Buddy

 

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ