リスクアセスメント支援

お客様の設備の安全を確保するため、リスクを解析し解決を支援いたします。

 

リスクアセスメント支援サービス

お客様の具体的な装置やプロセスを対象にしたワークショップを実施し、お客様のリスク解析やリス ク評価に関する課題の解決をご支援いたします。

リスクアセスメント支援サービス

近年、石油コンビナートなどの事業所で、非定常運転に関する不十分なリスク対策に起因する重大事 故が発生しています。同様な事故を発生させないために、経済産業省などの報告書では、非定常時および 設備や製造方法の変更時におけるリスクアセスメントの徹底を図ることが提言されています。 リスクア セスメントとは、次の一連の検討を行うプロセスです。

  • 潜在危険(ハザード)を特定し、ハザードから事故が起こるシナリオを明らかにする(リス ク解析)
  • 事故の起こりやすさと影響度を組み合わせてリスクの大きさを算定する
  • リスクの許容基準を設定し、必要に応じてリスク低減策を講じる(リスク評価)

 

お客様の課題

 

  • リスクアセスメントを導入するために、製造、計装、生産技、安全など関係者の理解を深め たい
  • 現状のインターロック設備のリスクについて対策が必要なレベルか、早急に解析、評価した い
  • 既存のHAZOPスタディワークシートがわかりにくく、改善したい
  • 既存のHAZOPスタディの内容に関して、アドバイスしてほしい
  • 非定常時(手順、バッチ反応)の作業、工程、運転についてリスクアセスメントを行いたい
  • 高圧ガス保安のスーパー認定事業所制度の要件「高度なリスクアセスメント」(※)に対応 したい

※ 詳細確認事項として「非定常時の作業、工程、運 転等を含めたリスクアセスメントを主要な設備に対して実施していること」、「達成すべきリスク基準を 明確にし、必要なリスク低減対策を適切に実施していること」などが挙げられています。

 

YOKOGAWA のソリューション(サービス実施事例)

A社様のご要望は、リスクアセスメントの結果が古いものしかなく、現状の設備と整合が取れていない ため、早急にインターロック設備周りのリスクを再評価したいというものでした。

YOKOGAWA では重要度の高い緊急遮断 (ESD) ロジックに着目して、お客様と HAZOP スタディをアップ デートするワークショップを実施しました。

 

ワークショップ

 

リスクアセスメント支援サービスの利点

  • リスクアセスメントの本格導入に向けて、製造、計装、生産技、安全など関係者のチームビ ルディングにも有効だった
  • 第三者的視点を取り入れたことで、以前に実施したHAZOPスタディについて改善点を見つけ ることができた
  • 報告書によりリスクの抽出、低減を適切に行っていることが対外的にも証明でき、高圧ガス 保安のスーパー認定事業所制度への申請に弾みがついた

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ