設備管理

 

製造業を中心としたお客様にとって保有する設備資産(アセット)のライフサイクルを適正に管理することは、企業経営における大きな課題の一つと言えます。

その費用には設備投資 (CAPEX) と運用コスト (OPEX) があります。建設時にはその設備投資金額に注目されがちですが、実際には数十年といった長年の運用(運転と保全)に多額のコストがかかるため、この運用コストの最適化がポイントとなります。つまり、設備の信頼性を確保、具体的には設備起因による非計画外停止トラブルなどを削減し稼働率を高めたり、設備機能の低下を抑えたりする活動を行いつつ、設備の維持管理コスト(保全コスト)を適正化する設備管理が必要となります。

横河は、設備全般を対象としてコンサルティングとソリューションを一体化させた設備管理支援サービスの提供により、お客様が設備資産を最大限に活用し利益を創出する事業活動に貢献します。

 

お客様の課題

  • 設備信頼性の確保(非計画外停止の削減、設備機能維持・低減抑制)
  • 設備維持管理費の最適化
  • 技術・技能伝承

 

YOKOGAWAのソリューション

設備管理支援サービスでは、無理のないスマートメンテナンスの実現に向けて、お客様の現在の状況に合わせた支援サービスを提供し、その後、設備管理の高度化をステップバイステップで進めます。

設備管理支援サービスメニュー全体像

設備管理支援サービスメニュー全体像

設備管理支援サービスのメリット

設備管理支援サービスの利点
画面のZoom

無理のないスマートメンテナンスの実現
お客様の現在の状況に合わせた最適なサービスを提供し、その後、横河は設備管理の高度化の階段をステップバイステップでお客様とともに歩み続けます。
スマートメンテナンスの実現による稼働率向上
および設備維持管理費の削減
設備保全部署の働き方改革の推進

 

YOKOGAWAのケーパビリティ

YOKOGAWAは、創業以来100年以上の歴史の中で計測・制御・情報の技術を強みとして、製造業を中心としたお客様の様々な課題と向き合い、その解決に貢献してまいりました。

このような背景から、昨今の IoT・ビッグデータ活用のトレンドの中にあっても、先進のセンシング技術や AI・機器学習といった各種データ解析手法を駆使して、お客様の操業や設備管理に関わる課題にチャレンジしております。

また、横河は設備管理(設備保全)においても豊富な実績と経験があります。設備保全管理システム (CMMS) においては、その黎明期とも言える1990年からシステムを提供し続け、現在はその経験と実績に裏付けられたクラウド型設備保全管理システム“eServ”を提供しています。そして、設備管理分野で経験豊富なコンサルタントによるこのシステムの活用コンサルティングも合わせて提供することにより、蓄積された設備・機器データや保全・故障の履歴データなどに基づく設備保全管理 KPI でスマートメンテナンスの実現を支援できます。

eServ
eServ KPI ダッシュボード
eServ KPI ダッシュボード

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ