バッチプラント情報管理システム Exaquantum/Batch

生産・販売競争のグローバル化にともない、ネットワークやeビジネス、国際規格に対応し、かつリアルタイムで対応可能なバッチプラント情報管理システムが必要とされています。Exaquantum/Batch(エグザカンタムバッチ)は、PLCやDCSおよびネットワークに接続される制御システムの情報管理、国際標準のバッチ規格であるS88および医薬業種に求められているFDA 21 CFR Part11に対応できるバッチプラント情報管理システムです。
Exaquantum/Batchは、化学、医薬、食品ほかのバッチプロセスに幅広く適用できる高機能かつ拡張性あるバッチ向けプラント情報管理システムです。

R3.10 機能アップ概要(2018年8月)

  1. 新しいソフトウェア環境への対応
    Windows Server 2016 Standard (64-bit) Windows 10 Enterprise 2016 LTSB (64-bit) 等
  2. システムのセキュリティを強化

Exaquantum/Batch 概要

連続プロセス向けのExaquantum上にバッチ生産データベースを搭載し、データ収集・保存、ブラウザ、帳票、分析機能により、バッチ製造プロセスに関わるデータを生産、装置、処方などの様々な観点から活用することが可能です。

オペレータの方はもとより、生産および銘柄管理者、プロセスエンジニアの方々が簡単にかつ適切なバッチ情報を検索・活用することで、生産計画、プロセス分析、品質や生産性改善を支援します。 Exaquantum/Batchは、Webベースのブラウザ、帳票、分析機能を使用することで、KPI(Key Performance Indicators)に焦点を合わせたプロセス改善に最適なツールです。

バッチ情報の収集・保存・管理・分析によって、ビジネス効率を確実に改善します。Exaquantum/batch

  • 新製品の市場投入までの時間短縮
  • 原料やユーティリティ、運用コストの削減
  • 生産増強および設備稼働率の向上
  • 適切な意思決定に必要な生産データの提示
  • 強力なデータ分析と帳票機能による製造実績の確認や承認の迅速化

機能概要

Exaquantum/Batchは,Exaquantum機能を含む次の4つの機能で構成されています。

Exaquantum/Batch 概要図

Exaquantum/Batch 概要図

 

1. データ収集と保存

(1) 自動バッチデータ収集 S88準拠のCENTUM VP バッチシステムから、Exaopc/Batch経由 で自動的にデータ収集します。複雑なデータ収集定義やデータベース構築作業なしに、バッチ、処方、設備、アラームやイベントデータを自動収集します。

(2) カスタムバッチデータ収集
CENTUM VP、他社制御および品質管理システムと 接続する場合に適用します。バッチ、ユニット、処方、アラームやイベントデータ 品質管理データをExaopcや他社OPCのインタフェースで収集し、Exaquantumタグ を経由して、指定されたバッチ生産データベースへ保存します。

(3) データの保存
バッチ生産データベースへ保存されたバッチデータは、アクセス管理され、データ の信頼性と完全性を維持します。FDA 21 CFR Part11対応の機能として、バッチ 生産データベースへのデータ追加・変更について、監査証跡やユーザ名とパスワー ド承認を必要とする電子署名機能を付加することができます。

2. データブラウザ機能

バッチ、設備、基本処方に関する豊富な標準画面から、特定のバッチや他の情報を BatchWebと呼ぶWebベースの画面で迅速に検索、表示することができます。 BatchWebは、クライアント/サーバで構成され、ネットワーク経由でバッチ、ユニット、処方、アラームやイベント等のデータをいつでもどこからでも表示する ことが可能です。

3. レポート機能

Excel上でレポートテンプレートにバッチ、設備、処方、トレンド、アラームや イベントデータの情報を取り込み、レポートを作成します。レポートのテンプレー トは、共有化や再利用でき、レポート作成の運用コストを削減することができます。 さらに、ExaquantumとExaquantum/BatchのExacel Add-In機能により、簡単 にレポートを作成できます。FDA 21 CFR Part11対応の機能として、承認および 電子署名の機能を付加することが可能です。

4. 分析機能

バッチプロセスのKPI(Key Performance Indicators)であるバッチ、基本処方、 ユニット処方毎の生産時間とそのバラツキ、バッチとユニット処方に関する パフォーマンス評価(特許出願中)とバラツキ、設備の使用率や稼動率から、 問題点を把握、分析し、確実な生産改善をすることができます。

特長

標準データの分析

  • 生産時間やユニットの稼動率を自動計算
  • 生産効率や設備の稼動率改善
  • チャートの自動作成
  • ROIの早期回収
  • シックスシグマによる改善のサポート

規格、業界標準に準拠

  • S88準拠のデータベース
  • OPC Batch 1.0およびDA 2.05aに準拠したデータ収集インタフェース
  • チャートの自動作成
  • ROIの早期回収
  • シックスシグマによる改善のサポート

 

VP Batchのとの簡単接続

  • 複雑なエンジニアリングなしにExaopc/Batchで自動バッチデータ収集
  • 設備などのアプリケーション構成の変更に自動的に対応
  • ライフサイクルコストの削減

Webベースのブラウザ機能

  • バッチ、処方、設備データを表示するWebベースの標準画面
  • 豊富な画面提供により、個別のカスタマイズが不要
  • クライアントごと、システム保存データのセキュリティ管理でデータの信頼性と完全性を維持

 

レポート

  • 定形レポートをExcel上で簡単に作成
  • バッチに関わる全てのデータをレポート可能
  • バッチ報、バッチ一覧、製品一覧などの種々のレポートを提供
  • バッチや処方データを管理するための強力なツール

 

用途

Exaquantum/Batch 用途

 

バッチ情報の収集・保存・管理・分析によって、生産・運用効率を確実に改善します。

  • バッチ、基本処方、設備データなどのレポート作成時間の短縮
  • 自動バッチデータ収集によるシステム構築のエンジニアリング工数の削減
  • チデータの記録、レポート、データ分析時間の改善
  • S88やOPC規格準拠、Microsoft製品採用によるTCOの削減
  • FDA 21 CFR Part11対応機能によるシステム構築時間の短縮

Exaquantum/Web Chart in Run Time

Exaquantum/Batch

Exaquantum/Web in Run Tim

Exaquantum/Batch

 

概要:
  • 最先端バイオ医薬工場への導入事例
  • バッチプロセスのスムースな運用
  • フィールドデジタルによるプロアクティブ保全の実現
業種:

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ