横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

設備管理

製造業における生産性向上のためのマネジメント手法としてTPM(Total Productive Maintenance)が用いられています。モノづくりに関わるあらゆる「ロス」の排除を目指すTPMの基本的手法が、極めて有効な手法として再注目されています。 次の4つのロスをYokogawaの設備管理ソリューション活用で削減し、工場の生産効率向上をサポートします。

  • 設備故障:設備・機器が規定の機能を失い突発的に停止するロス
  • プロセス故障:工程内での取り扱い物質の化学的・物理的な物性変化や、その他操作ミスや外乱などでプラントが停止するロス
  • 定常生産:プラントのスタート、停止、および切替えのために発生するロス
  • 非定常生産:プラントの不具合、異常のため、生産レートをダウンさせた性能ロス

機器の設定・調整に加えて、機器の管理も行います。更にループテストや校正の支援などで広く活躍します。

高信頼かつ安定したプラント運転のために、適切な設備保全管理はできていますか?PRMは、プラントライフサイクルを通して設備保全計画の品質向上および設備保全コストの最適化に貢献します。

フィールドデジタルデータを活用することで、ポンプ故障原因の1つであるキャビテーションを振動や異音が発生する前の初期段階で検知し、効率的な設備管理と設備の予知保全に貢献します。

フィールドデジタル診断サービス、制御弁・制御ループ診断サービス、設備性能診断サービスをご紹介いたします。

製品概要

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ