アラームマネジメント

アラームマネジメントの概要

お客様のプラントでは不十分なアラームマネジメントによる問題が発生していませんか?

  • オペレータが異常発生時のアラームに戸惑ってしまい、アラームに適切に対応することができなくなることがあります。
  • アラームマネジメントができていないことで、重大アラームの見落としに繋がります。
  • プラント運転がより高度で複雑になるにつれて、アラームの数や種類の多さに対応しきれなくなります。

YOKOGAWAは、四つのソリューションと二つのフレキシブルな改善アプローチで、お客様に管理の行き届いたアラームシステムを実現します。

  • YOKOGAWAが提供する4 つのソリューションと2 つのアプローチで、お客様のプラント運転の安定性と安全性の向上に寄与します。
  • YOKOGAWAアラームマネジメントソリューションは、ISA18.2 を初めとする国際標準規格に準拠しています。
  • AAASuite (トリプルエースイート) アラーム合理化支援パッケージ ( Advanced Alarm Administrator ) は、より安定・安全な運転を支援します。

  • DCSのイベントログから、運転まわりの様々な問題点を定量的に把握することができます。繰り返し使用することによって、運転効率の継続的な向上が期待できます。

アラームマネジメントの4つのソリューション

アラームシステム設計の最適化

  • YOKOGAWAの豊富なコンサルティング経験を活用したアラーム設計最適化は、お客様の組織に対して、アラーム改善のテクニックとアラームに対する考え方の両方の視点から、アラームパフォーマンスの改善を支援します。
  • アラーム設計とDCSとを一体化したシームレスなエンジニアリングを提供し、お客様の作業にかかる負荷と時間を軽減します。

高度なオペレータ支援

  • アラームの操作監視方法を標準化することによって、1つの画面だけで運転とアラーム監視が可能になり、オペレータの負荷を軽減します。
  • 重要なアラームの視認性を高め、運転および監視効率の向上を実現します。

マスターデータベースおよび変更管理

  • アラームマネジメントに必要な大量の情報を一つのアラームマスターデータベースで管理することにより、継続的なアラーム改善が容易にできるようになります。

パフォーマンスおよび健全性評価

  • レポートおよび解析機能によってアラームパフォーマンスや健全性を客観的に評価し、改善すべき箇所を明確化します。メールで定期的にレポートを送信し、継続的なアラーム改善を可能にします。
  • メールで定期的にレポートを送信し、継続的なアラーム改善を可能にします。
  • ISA18.2、EEMUA#191、IEC62682 に準拠しています。

    ● アラーム解析およびレポート機能
    管理・運転・保守などの目的に応じた26 個の主要
    なKPIについて、標準的なアラームパフォーマンスレ
    ポートが作成可能です。
    ● アラームパフォーマンス監視サービス
    上記機能に加えて、お客様のプラントに応じてカスタ
    マイズされたレポートを設計し、システムに適用する
    ことができます。

     

改善アプローチ

アラームのフィロソフィーから始める改善アプローチ

メディア出版物
概要:

Modern historians do much more than just store process data. They also provide analysis, reports, and valuable operational and business information.

インタビュー

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ