ガス熱量計 CM6G

CM6G形ガス熱量計は、試料ガスをバーナで燃焼させ、その燃焼排ガスの温度と燃焼空気のバーナ入り口における温度との差を熱電対で検出し、試料ガスのウオッベインデックス(WI)または発熱量を測定する計測器です。

試料ガスおよび空気の流量を、それぞれオリフィスを用いて差圧として取出し、その差圧を電気信号に変換し、差圧(流量)の変動をディジタル演算して補正する方法を採用していますので、高精度で測定できます。また、応答が速く安定性にすぐれ、鉄鋼、石油工業などの各種燃焼炉の熱入力制御や、都市ガスの熱量制御などに使用できます。

特長

  • 検出器は独自の構造で、応答が速く安定性に優れています。
  • 複合演算器により試料ガスや空気の流量変動の補正、密度補正を行い、信頼性および測定精度の向上を図っています。
  • 保守・取り扱いが容易で、安全動作、万一バーナが消火した場合、保安動作を行います。 

標準仕様

都市ガス用

使用目的 都市ガス供給ラインの熱量の測定、制御
測定対象 燃料ガスのウオッベインデックス(WI)または発熱量
測定範囲 3~62 MJ/Nm3
採取点条件 ダスト    5 mg/Nm3以下
温度     50°C以下
湿度     露点0°C以下
圧力     標準;10~20 kPa
       ポンプ付き;10 kPa以下
       減圧弁付き;100~600 kPa
レンジ レンジ幅が最大値の30~50%の範囲に設定。ただし、ガスがブタン、ブテンと空気の混合ガスの場合は20~30%、プロパン、プロピレンと空気との混合ガスの場合は25~40%の範囲に入るように設定。
繰返し性 発熱量    測定値の±1.0%(6.3 MJ/Nm3以上の場合)
WI     測定値の±0.5%(6.3 MJ/Nm3以上の場合)

鉄鋼プラント用

使用目的 鉄鋼プラント燃料ガスの熱量測定、制御
測定対象 燃料ガスのWIまたは発熱量
測定範囲 3~62 MJ/Nm3
採取点条件 ダスト    100 mg/Nm3以下
温度     50°C以下
湿度     露点0°C以下
圧力     標準;8~15 kPa
       ポンプ付き;8 kPa以下
レンジ レンジ幅が最大値の30~50%の範囲に設定。ただし、ガスがブタン、ブテンと空気の混合ガスの場合は20~30%、プロパン、プロピレンと空気との混合ガスの場合は25~40%の範囲に入るように設定。
繰返し性 発熱量    測定値の±1.0%(6.3 MJ/Nm3以上の場合)
WI     測定値の±0.5%(6.3 MJ/Nm3以上の場合)
取扱説明書
一般仕様書
外形図

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ