汎用赤外線ガス分析計 IR200 (販売終了製品)

お知らせ: 本製品は、2018年3月31日に販売終了しております。 下記の推奨代替製品をご参照ください。:

後継推奨モデル:IR202-A

汎用赤外線ガス分析計IR200は、試料ガス中のCO2 、CO、CH4 、SO2 、NOおよびO2の濃度測定を行います。CO2、CO、CH4、SO2およびNOは非分散形赤外線吸収方式(NDIR)で、O2は磁気式またはジルコニア式で測定し、O2を含めた最大4 成分(O2測定以外では最大3成分)の同時測定が可能です。
検出部には高感度なマスフローセンサを採用、測定はシングルビーム方式のため、メンテナンスが容易で、長期安定性に優れています。さらに、大型液晶画面の採用により、操作性の向上、高精度・多機能化をはかっています。
各種工業炉の燃焼管理、植物研究、地球環境研究などに使用されます。

特長

O2測定を含めて4成分同時測定O2測定を含めて4成分同時測定

CO2、CO、CH4 、SO2 、NOのうちから3成分およびO2の最大4成分のガス濃度を同時に測定が可能です。

長期安定性に優れている

独自の光学系(測定部)により、特に測定セルの汚れに起因するドリフトが少なく、長期安定性に優れています。

他のガスの干渉の影響が少ない

直列透過2層式の検出器の構造により、他のガスによる干渉の影響が非常に小さくなっています。

メンテナンスが容易

シングルビーム方式の採用により、シンプルな測定部ユニットを実現、光学バランス調整も不要で、保守性に優れています。

操作が簡単

大型液晶画面の採用により、操作は対話形式で、操作性に優れています。

豊富な機能

自動校正、各種自己診断機能、リモートレンジ切換入力、レンジ識別信号出力、出力信号ホールド、上下限警報など豊富な機能を搭載しています。

 

アプリケーション

各種工業炉の燃焼管理、植物研究、地球環境研究など

主な仕様

測定方式 CO2、CO、CH4、SO2、NO シングルビーム方式非分散形赤外線吸収法(NDIR)
O2 磁気式(内蔵)またはジルコニア式(外部設置)
測定成分および測定範囲 成分 最小レンジ 最大レンジ
CO2 0-500 ppm 0-100 vol%
CO 0-200 ppm 0-100 vol%
CH4 0-1000 ppm 0-100 vol%
SO2 0-500 ppm 0-5000 ppm
NO 0-500 ppm 0-5000 ppm
O2(内蔵磁気式) 0-5 vol% 0-100 vol%
O2(外部設置ジルコニア式) 0-5 vol% 0-25 vol%

 

特性

繰返し性 ±0.5%FS
直線性 ±1%FS
ゼロドリフト ±2%FS/week
スパンドリフト ±2%FS/week
応答時間(90%FS応答) 2成分計まで:試料ガスの置換時間を含め最大15秒以内
3成分計まで:試料ガスの置換時間を含め最大30秒以内

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ