ETSVision-Refinery

経営情報と制御情報をリアルタイムにつなぐことにより、SCM(Supply Chain Management)に連携するフレキシブル生産を実現します。

ETSVision-Refineryとは

製油所向けトータルソリューションモデル ETSVision-Refineryは、経営情報と制御情報をリアルタイムにつなぐことにより、SCM(Supply Chain Management)に連携するフレキシブル生産を実現します。

このモデルのベースには、製油所の操業管理系システムにおける以下のYOKOGAWAからの提案があります。

  • 安全操業を基本とし、広義の運転支援機能を機軸に工場全体の効率化を図ります。
  • 制御系の安全性と連続稼動を維持し、上位管理と機能&情報がリアルタイム統合可能な環境を用意します。
  • 業務手順を織り込んだ環境上に、市販の優れた業務アプリケーション群を実装できるシステムの土台が重要となります。

     

ETSVision-Refineryとは

特長

  • 運転系と上位管理系を統合し、全社系に対し操業現場全域を支援する操業管理系を稼動させます。
  • 生産管理/入出庫管理/操油 & 運転管理/品質管理を母体に構築し、運転系から全社系まで連携します。
  • 操業管理系情報はWeb&OA環境を経由し、全社領域でリアルタイムに自在な活用を可能とします。
     

特長

 

機能

製油所向けトータルソリューションモデル ETSVision-Refineryは、下図における製油所・操業系業務全体をカバーします。

 

機能

経営効果

  • 全社的SCM(Supply Chain Management)との連携を実現します。
  • 計画値と実績値がリアルタイムに対比できるので、操業管理業務の効率が上がります。
  • 情報連携により計画と実績が金額評価できるので、製造原価が改善します。
  • 各製油所間の情報が横並びで比較できるので、全体の管理が向上します。

 

業務効果

  • 操業管理システムを構成する各種ビジネスロジックとテンプレートを提供することにより、容易にシステム構築・変更が可能となります。
  • Excelなどの汎用のパッケージを採用した画面・帳票などにより、ユーザフレンドリーな構成とし、エンドユーザコンピューティングをより身近なものになります。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ