トレーニングセンター

トレーニングセンターご案内

横河トレーニングセンターは、横河電機製品に関する計装技術講座、製品技術講座、IT講座およびeラーニング講座をご提供します。
実機を使った実習中心の体験型トレーニングで、皆さまのスキルアップをお手伝いします。
弊社製品をご購入いただいた方、これから購入を予定されている方の製品トレーニングをはじめ、 ご要望に応じた各種カスタマイズコースも承ります。
社員教育などにも是非ご利用ください。

横河トレーニングセンター 代表受付
〒180-8750 東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5536    FAX:0422-55-0091
E-mail:tc_info@cs.jp.yokogawa.com

TC
 
 

東京会場

〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
横河ソリューションサービス株式会社
YOKOGAWAトレーニングセンター
TEL:0422-52-5536  FAX:0422-55-0091

アクセス
 JR中央線・総武線「三鷹」
 三鷹駅北口から徒歩7分
 ■地図

 

 


 

 
 

大阪会場

〒530-0001
大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー21階
横河ソリューションサービス株式会社
関西支社
YOKOGAWAトレーニングセンター
※ご連絡等は、東京会場(0422-52-5536)までお願いいたします。

アクセス
 JR「大阪駅」(桜橋口)→徒歩5分
 阪神「梅田駅」(西改札)→徒歩5分
   地下通路(オオサカガーデンシティ)
   「6-47」番出口からブリーゼタワーB1Fへ直結しています。
 四つ橋線「西梅田駅」(南改札)→徒歩3分
 JR東西線「北新地駅」→徒歩5分
   地下通路10番出口より地上へ。
   国道2号線を西方面に100m程お進みいただくと右手にブリーゼタワーがあります。
 ■地図


 

 

川崎会場

〒210-0804
神奈川県川崎市川崎区藤崎4-19-9
横河ソリューションサービス株式会社
神奈川支店
TEL:044-266-0218  FAX:044-266-5275

アクセス
 JR「川崎」または京浜急行「京急川崎」下車
 バス:川崎駅東口より藤崎四丁目下車(所要時間約15 分)

バス会社 階段番号 乗り場 系統 行き先 最寄停車場
臨港バス 17番、18番 1番 川21系統 水江町 藤崎四丁目
2番 川21系統 塩浜営業所
7番 川23系統 大師
市営バス 10番、11番 14番 川10系統 水江町/塩浜

 ■地図


 

 

岡山会場

〒710-0815
岡山県倉敷市日吉町472-1
横河ソリューションサービス株式会社
岡山支店
TEL:086-434-0150

アクセス
 JR山陽本線「倉敷」下車→徒歩10分

 ■地図


 

お問い合わせ、受講中の方へのご連絡は、すべて代表受付で承ります。

TEL:0422-52-5536

■CENTUMシリーズ、Exapilot 担当講師

担当している講座
・CENTUM VP シリーズ
・CENTUM CS1000/3000 シリーズ
・CENTUM CS シリーズ
・Exapilot シリーズ

担当製品との関わりは?
CENTUM関連製品のアプリケーションソフトウェアの設計、プログラミング業務を担当した後、システムエンジニアとして多数のプロジェクトを経験しました。

お客様へのメッセージ
DCSにもIT化の波が押し寄せていますが、 どんなに情報化、自動化が進んできても、 最後は一人一人の熱意と工夫が決め手になると感じています。
講習会では、必要な技能を短期間で効率良く身に付けられるよう努めています。
古いCENTUMから新しいCENTUMまで、何でもお任せください。
教育は自分への投資です。
膨大な情報を前に、どこから手を付けたらよいか困っている方、まずはトレーニングセンターからスタートを切りましょう!

 

■計装技術講座 担当講師

担当している講座
計装基礎講座全般(計装、工業計測、自動制御)

担当製品との関わりは?
スタートアップのメンバーとして国内プラントの現場に出向き、メーカーの枠にとらわれず、プラントの健全性を見守ってきました。

お客様へのメッセージ
トレーニングセンターの講座は製品教育と計装基礎教育の2本柱で構成されています。
計装基礎教育で学ぶことは、メーカー問わず計測、制御などの一般知識です。
講習会では、これから計装関連に携わる方や経験者向けなど、お客様のニーズに合った様々な講座をご用意してお待ちしています。
また、各種機器、ミニプラント制御装置などを講座環境に揃え、現場・現物・現実に近いリアリティのあるシステムで充実した実習が行えるようにしています。
充実感・達成感があり「楽しかった」「他の基礎講座も受けてみたい」と言って頂けるよう努めてまいります。
まずは計装基礎からトレーニングを始めましょう。

 

 

2015年秋、トレーニングセンターはリニュアルいたしました

トレーニングセンターも先ごろ50周年を迎え、現在も未来に向けて歩みつづけております。
ひとえに受講者様からの声に支えられて刻めた歴史です。
永年のご愛顧に感謝すべく、2015年10月にトレーニングセンターは新棟への移転をいたしました。 設備も一新し、快適な受講空間作りに取り組みました。
講座内容もより充実してお届けできるよう、講師一同邁進いたします。 皆様の受講をお待ちしております。

簡単ではありますが、以下にトレーニングセンターの歩みをご紹介いたします。

 

トレーニングセンター設立

1950年、当社は国内初の電子管式自動平衡計器(ER)を開発しました。
それは当時、国内初の技術でしたので、 その構造、原理、機能、調整要領をお客様にご理解いただく必要がありました。
そこでアフターサービスの一環として、 1952年に「第1回ER講習会」が開催されました。 

その後、工業計器の需要増加に伴って、お客様からの講習希望が急増したため、 1957年7月に「トレーニングセンター」が設立されました。
当初はERや空気式工業計器など、4つの製品講座があり、 年間約300人のお客様が受講されました。

現在では、お客様向け製品講座のほか、 ビジネスパートナー・グループ社員向けの講習など、約70種類の講座があり、 年間約6,000人の方々にご利用いただいています。

 

トレーニングセンターの風景

1957年7月設立

【設立当時のトレーニングセンター】
 開講当初の様子は、当時のパンフレットに残されています。

【教室】
 

 

【講習風景】

(左)ERの講習/(右)ERECの講習

当時の講習1

コントロール動作の講習

空気式工業計器の調整実習

 


~2015年9月

【旧トレーニングセンター】

 

 

【東京教室:計装】

【東京教室:システム】

 

【大阪教室:計装】

【大阪教室:システム】

 

【講習風景:計装】

【講座風景:システム】

 


2015年10月~

【現在のトレーニングセンター】

現在のTC

 

【東京教室:計装】

【東京教室:システム】

 

【大阪教室:計装】

【大阪教室:システム】

準備中

 

【講習風景】

 

 


末永く、お客様のニーズに対応した講座をさらに充実していけるよう、努めてまいりたいと思います。
今後ともトレーニングセンターをよろしくお願い申し上げます

               

Image Zoom   Image Zoom   Image Zoom   Image Zoom

 

               

Image Zoom   Image Zoom   Image Zoom   Image Zoom

 

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ