アラーム合理化サービス

なぜアラームの合理化が重要なのでしょうか?

プラントオペレーションがより高度化・複雑化する中で、安全安定操業のためのアラームシステムの重要性が一層高まっています。もし、アラームシステムの有効性が下がりアラームの洪水が起こるようになると、重要アラームの見落としや誤判断から、プラント災害や生産ロスを引き起こすリスクが高まるため、細心の注意が必要です。アラーム合理化サービスは、お客様のアラームシステムの有効性を改善するためのサービスです。

アラーム合理化の重要性とは?

 

YOKOGAWAのアラーム合理化サービスの利点は?

YOKOGAWAのアラーム合理化サービスは、お客様のアラーム合理化の進捗に従って、3つの導入口を用意しています。 

迷惑アラームの削減サービス

お客様と組織横断のチームを結成し、アラーム解析パッケージExaplog を活用しながら、現状の迷惑アラームの発生原因を特定し、削減のための最適な対処方法を検討します。

EEMUA #191 に基づいたアラームシステムの設計サービス

アラームシステム設計の著名なガイドラインであるEEMUA#191 や、プロセス安全性評価手法であるHAZOP スタディに基づいてアラームシステムの設計を行い、結果をDCS の統合型アラーム管理機能であるCAMS for HISに実装します。

運転状態に応じたアラーム管理サービス

スタートアップや銘柄切り替えなどの運転状態ごとに、最適なアラーム設定値やアラーム抑制状態を設計します。結果をアラーム合理化支援パッケージAAASuite に実装し、実運転時には設定を動的に変更します。

アラーム合理化サービスの利点
CAMS for HISおよび関連するアラーム管理ソリューション

 

DMAIC

本サービスは、品質管理手法として著名なシックスシグマDMAIC のステップに基づいて提供されます。これにより、作業の抜けなく確実なサービスが提供でき、期間内で最大の成果を上げることが可能となります(*1)。

  Phase 1
迷惑アラームの削減
Phase 2
EEMUA191に基づいた
アラームシステムの設計
Phase 3
運転状態に応じた
アラーム管理
Define
(定義)
  • 組織横断チームの結成
  • 目標(アラーム削減%)の設定
  • 組織横断チームの結成
  • 目標(アラームシステムパフォーマンス)の設定
  • 組織横断チームの結成
  • 目標(アラームシステムパフォーマンス)の設定
Measure
(測定)
  • A&E ログなど必要情報の収集
  • データの集計・整理
  • HAZOP Study 結果の収集
  • アラーム設計Policy の確認
  • タグリストの収集
  • 運転ステータスの整理
  • 運転ステート毎のアラーム設定値や抑制情報の収集
Analyze
(分析)
  • 迷惑アラームの発生原因特定
  • 改善方法検討
  • EEMUA #191やHAZOPに基づいた新しいアラーム設計Policy の作成
  • 運転ステート毎のアラーム管理Policy の作成
Improve
(改善)
  • 顧客で実施可能な改善施策の実行
  • CAMS for HISへの結果の実装
  • プロセス制御システムに関する変更(*2)
  • AAASuite への結果の実装
Control
(管理)
  • 改善効果の確認
  • 残件の確認
  • 最終報告書提出
  • 改善効果の確認
  • 残件の確認
  • 最終報告書提出
  • 改善効果の確認
  • 残件の確認
  • 最終報告書提出

*1 本サービスは、Exaplog、CAMS for HIS、AAASuite が導入されていることが前提となります。
*2 必要に応じ、別途有償で請け負います。

EEMUA    :Engineering Equipment and Materials Users Association の略。
 欧州系企業が中心となって作成されたアラームシステムの設計・管理・調達に関するガイドライン。
HAZOP    :Hazard and Operability の略。
 設計意図からのずれを想定し、その原因の洗い出し・発生防止対策の検討を行う、プロセスの安全性評価手法。
Exaplog    :イベント解析パッケージ
CAMS for HIS    :統合型アラーム管理ソフトウェア
AAASuite    :アラーム合理化支援パッケージ

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ