横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

ダイアフラムシールシステム

ダイアフラムシールシステムは、ダイアフラムシールと伝送器本体を組み合わせることで製品のバリエーションを拡大しています。液位、密度、圧力測定や、液体、気体、蒸気などの流量測定のほか、圧力計、差圧計または絶対圧力計の受圧部分に被測定流体が直接導入できないような場合など、さまざまな場面において、お客様のニーズにお応えいたします。

圧力伝送器または差圧伝送器と、1つまたは2つのダイアフラムシールで構成され、それぞれを組合わせることで、さまざまな測定用途に対応いたします。また、サニタリ用伝送器は、ISO規格に準拠した構造で、“食品衛生法第16 条の規定”も考慮してあります。

絶対圧力伝送器と、ダイアフラムシールで構成され、それぞれを組合わせることで、さまざまな測定用途に対応いたします。

オリフィス等の絞り機構による差圧式流量計測において必要とされる導圧管を、差圧伝送器の小形ダイアフラムシール機構に置き換えて計装することにより導圧管が不要となります。これにより、導圧管のつまり、漏れ、腐食等の問題を解決するとともに、導圧管工事、保温工事等のコスト削減ができます。

ディジタルリモートセンサ(DRS)形伝送器の高圧側(マスター)および低圧側(スレーブ)のそれぞれにダイアフラムシールが構成され、さまざまな差圧測定に対応いたします。

圧力伝送器に1つのダイアフラムシールで構成され、さまざまな圧力測定に対応いたします。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ