横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

プログラマブルコントローラ (FA-M3V)

産業用AIプラットフォーム

AIアプリケーション開発に広く利用されているPythonに対応しました。AI関連のライブラリを活用できるため、容易にアプリケーション開発を進めることができます。

詳細はこちら

Industrial AI Platform

Modbusインタフェースモジュール

Modbusはオープンネットワークとして、異機種システム間の汎用通信プロトコルとして用いられており、FA分野で広く使われています。マスタ機能、スレーブ機能をサポートしました。

詳細はこちら

Modbusインターフェス

  • FA-M3Vについて

    高速制御、安定したバラツキのない制御、リンク機能やネットワークのパフォーマンスアップに応えるコントローラとして、お客様に「最速」かつ「安定」の付加価値を提供します。

    さらに見る
  • CPU

    ラダーシーケンス専用のCPU モジュールです。
    大規模から小規模までアプリケーションサイズにあわせたCPUをお選びください

    さらに見る
  • ベース/電源

    各種モジュールをセットするためのベースモジュールと、電源を供給する電源モジュールです。ベースモジュール1台ごとに、電源モジュールが1台必要です。

    さらに見る
  • デジタル入出力

    入力モジュール、出力モジュール、入出力モジュール、パルス入力モジュールがあります。様々なタイプを用意しておりますので、用途に合わせてご利用ください。

    さらに見る
  • アナログ入出力

    高速変換、高精度、高機能、強力な耐ノイズ性を兼ね備えたアナログ出力/入力モジュールです。16bitの高分解能を搭載しています。

    さらに見る
  • 温度

    高速、高精度、高分解能できめ細やかな制御が可能な温調モジュール、加熱制御に必要なヒータの断線予知や検出が可能な断線検出モジュールがあります。

    さらに見る
  • データ収集

    スキャンの影響を受けない安定したアナログデータの高速収集が可能です。カウンタに同期してのA/D変換やFFT演算ができる機能も備えています。

    さらに見る
  • 通信

    情報系、制御系、デバイス系、高速リモートI/O、シリアル通信など、各種ネットワークをサポートしています。
    用途に合わせてご利用ください。

    さらに見る
  • リモートI/O

    分散配置を必要とするシステムを構築するためのインタフェースモジュールです。高速、高耐ノイズ性でストレスフリーの高速省配線を実現できます。

    さらに見る
  • カウンタ/位置決め

    パルス出力形、速度指令電圧出力形、トルク制御用、MECHATROLINK-II、III対応などの位置決めモジュールがあります。用途に合わせてご利用ください。

    さらに見る
  • ソフトウェア

    開発から保守までプログラム設計効率化に貢献するプログラム開発ツールや各種設定ツールをご用意しています。

    さらに見る
  • パートナー製品

    「FA-M3 オープンパートナー製品」は、FA-M3 とともにお客様にさまざまなソリューションをご提供するパートナー製品です。

    さらに見る

関連情報

概要:

2015年の梶田博士のノーベル賞受賞で注目が集る素粒子物理学。2008年には小林博士、益川博士がノーベル賞を受賞しています。そのとき実証実験が行われたのが高エネルギー加速器研究機構のKEKBという施設です。
物質を構成する基本粒子クォークが6種類あれば「CP対象性の破れ」が説明できる、という小林益川理論の実証に貢献しました。この施設では20年以上も前から横河のPLCを採用いただいています。

概要:

検査工程において、計画~運転~解析の作業を自動化することで効率的に検査業務を行ったり、検査に関する情報をクラウドで共有することで、さまざまな場面で検査データを活用することができます。

概要:

加工・組立工場では、製造に関わる様々な工程のデータが、装置・工程毎に分散し、データロガーやレコーダ、紙のチェックシート等様々な形で記録されている場合が多くあります。そのため、不適合原因の調査や製造ラインの稼働率向上の分析を行う際に、分散したデータを使った解析は非常に時間がかかり困難な作業となっています。

工程見える化・作業支援ソリューションを使って、製品と製造工程のデータを紐付け・見える化することで、不適合品の製造履歴チェックを簡単に行うことができます。また、稼働率向上のヒントなど製造課題を発見するヒントを得ることもできます。

アプリケーションノート
概要:

e-RT3のCANインタフェースモジュールを使用すると、プロトコル変換器を介さずにCANインタフェースを持つ機器と直接接続することが可能です。自動車のモータ、インバータや二次電池の性能・耐久試験を行うための評価システムの構築が容易になり、お客様の開発スピード向上に貢献します。

ドキュメント&ダウンロード

ニュース

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ