変換器盤 (自立型・標準 CABINET 型)

JUXTA VJ シリーズを収納することにより高密度収納が可能となり、専用多連取り付けベースを使用することで総合生産制御システム CENTUM と専用ケーブルで接続することが可能です。他シリーズ、他メーカーの変換器も収納可。
現場計器用電源を用意することもできますので、信号と同じルートでケーブルを敷設するこができます。
標準 CABINET 型は CENTUM と同一筐体のため、統一したデザインでの構築が可能です。

概要

現場、他設備からの計器信号の絶縁、複数分岐や各種の入力信号 (電流/電圧信号、熱電対、測温抵抗体等) を統一信号に変換して出力する機能を持った装置です。

特長

JUXTA VJ シリーズを収納することにより高密度収納が可能となり、専用多連取り付けベースを使用することで総合生産制御システム CENTUM と専用ケーブルで接続することが可能です。他シリーズ、他メーカーの変換器も収納可。

現場計器用電源を用意することもできますので、信号と同じルートでケーブルを敷設するこができます。

標準 CABINET 型は CENTUM と同一筐体のため、統一したデザインでの構築が可能です。

仕様

  • 設置環境
    • 周囲温度: 0~40℃
    • 周囲湿度: 45~85%RH (結露のないこと)
      *収納機器により条件が異なる場合があります
  • 材質
    • 自立型
      • 本体: t2.3 鋼板
      • 扉・化粧側板: t2.3 鋼板
        *御指定の板厚に変更可能
    • 標準 CABINET 型
      • 本体: t3.2 鋼板
      • 扉・化粧側板: t1.0 鋼板
  • 塗装色
    • 自立型
      • 外面: 5Y7/1 (半艶)
      • 内面: 5Y7/1 (半艶)
      • ベース: 5Y7/1 (半艶)
        *御指定の色に変更可能
    • 標準 CABINET 型
      • 扉、化粧側板: フロスティホワイト (2.5Y8.4/1.2)
      • 本体、チャネルベース: スプリングブラック (3.3PB2.5/0.5)
        *( ) 内は参考マンセル値

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ