Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsの保守・運用

お客様から寄せられたMicrosoft Dynamics 365 for Finance and Operationsの保守・運用について、よくある質問をご紹介いたします。課題解決にご活用下さい。


Q1:Dynamics AXの製品サポートは、継続されるのでしょうか?

A1:クラウド型ERPソリューション Dynamics 365 for Operationsとオンプレミス型のDynamics AXは、横河ソリューションサービスが引き続き販売・サポートいたします。


Q2:ERPの導入・運用には、時間とコストと社内要員の拘束など大きな負担が見受けられますが、いかがでしょうか?

A2:Microsoft Dynamics 365 for Operations は、階層アーキテクチャーや独自の統合開発環境といった生産性やメンテナンス性を高める機能があり、開発やバージョンアップに際して、これまでのERP製品にない高い柔軟性を持っています。
また、YOKOGAWAでは業種毎のテンプレートと製造現場に熟知したコンサルティングにより短期間で低コストの導入を実現いたします。


Q3:ERPでは、追加開発の保守やバージョンアップに多くの作業が発生しますか?

A3:Microsoft Dynamics 365 for Operationsでは、MorphXと呼ばれる統合開発環境上ですべてのアプリケーション要素が、AOT(Application Object Tree)と呼ばれるツリー構造で管理されます。
AOT上でオブジェクトをドラッグ アンド ドロップすることで、データベーステーブルや画面の作成、項目の追加といったカスタマイズ作業を行うことができ、単純なデータ入出力の画面の作成であればプログラミングは必要ありません。


関連製品&ソリューション

ERPソリューション

長年にわたる製造業の現場のIT化に取り組んできた経験と知見を基に日本的商習慣に対応した基幹業務ソリューションを提供します。

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations

フォーミュラ(構成表)での連産品/副産物管理や歩留管理、在庫管理での荷姿・不定貫対応、品質管理での検査指図/実績管理、原価管理など、プロセス製造業が抱える特有の要件に標準機能で対応します。

トップ