横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

DO402Gの出力信号について

アナログ出力は、4~20mA DCまたは0~20mA DC(選択可)2点です。出力レンジは、測定範囲内で任意に設定可能です。
出力できる項目は下記の通りです。

  • 溶存酸素濃度:最小0~1mg/L(またはppm)、最大0~50mg/L(またはppm)
  • 溶存酸素の飽和度:最小0~10%、最大0~300%
  • 測定液温度:最低0~25℃、最高0~50℃

さらに、下記の出力機能を使用することができます。

  • 保守中、校正中および洗浄中に、出力を直前の測定値または予め設定した値にホールドする機能があります。
  • FAIL状態で、高電流または低電流を出力する「BURN」機能があります。
  • 不規則なプロセスでの指示値変動を抑えるためのダンピング時間の設定が可能です。

関連製品&ソリューション

4線式溶存酸素計 DO402G

現場で取り付け可能なIP65適合の頑丈なケースを採用、2つのmA出力、4つの接点出力を備えた溶存酸素計です。
測定値や温度異常など豊富な自己診断機能で・測定値や温度異常、DOセンサの膜破れなどを検知・診断します。
下水、工業排水などの処理プラントにおけるばっ気槽内の溶存酸素濃度測定、純酸素の吹き込みによるばっ気にも対応しています。 

トップ