DAQWORXによる工場内の薬液・ガス・電力使用量の監視と積算データを活用した日報作成処理

工場内各所で使用される薬液使用量やガス使用量、電力使用量などを、総務部門で一括収集・監視します。使用量データは、VisualBasicやExcelマクロなどの自作プログラムを介して日報形式で可視化され、工場全体の効率的な運用に役立てます。

図1:機器系統図

図2:データ処理の流れ

DAQWORXによって、JUXTAからの瞬時流量データやPOWERCERTの瞬時電力データを、最速1秒周期*で監視・記録します。トレンドグラフ、バーグラフ、ディジタルメータなどが予め用意されており、ノンプログラミングでスピーディなシステム構築が可能です。

*接続台数やチャネル数により、最速収集周期は遅くなる場合があります(DAQWORX DAQLOGGERの最大収集点数は、1600チャネルです)。

また、JUXTAからの瞬時流量データはDAQWORX上で積算し、POWERCERTからは累計積算電力量データを直接収集します。これらの積算データを毎正時にTEXT(またはEXCEL)形式のレポートファイルとして保存することで、日報作成*に非常に役立ちます。

*VisualBasicまたはExcelマクロによってお客様が自作された帳票プログラムにより、DAQWORXが作成した8:00、9:00、・・・、翌7:00、翌8:00の計25個のレポートファイルを開き、1時間毎の使用量を24時間分算出します。その使用量データを任意形式で並べ、日報として印刷します。

業種

関連製品&ソリューション

DAQWORX

DAQWORXは、当社のほとんどのレコーダ、データロガー、温度調節計、計測器類に使用できるデータロギングソフトウェアです。

Ethernet/RS485通信変換器 VJET

VJETは、Ethernet通信が可能な上位機器とModbus/TCP プロトコルで接続し,RS-485通信可能な計器とModbus/RTUプロトコルで接続する小形プラグインタイプの通信変換器です

JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

JUXTA VJシリーズ演算器

VJシリーズの演算器には、ユーザ指定プログラムをサポートしたモデルや、移動平均、むだ時間、一次遅れ/進み、等速応答、リミッタ、およびその他の各種アプリケーションをサポートしたモデルがあり、ワールドワイドに対応できる電源電圧や現場設定機能、またオプションとして第2出力を備えています。またVJX7は、オプションとして警報出力またはRS-485通信機能を備えることができます。

JUXTA VJシリーズ警報設定器

VJシリーズの警報設定器は、使いやすい機能を備えた6つのモデル(VJUK, VJHK, VJAK, VJTK, VJRK, VJMK)があります。

小形電力モニタ UPM100/UPM101

省エネ解析を強力にサポート。積算電力量など15種類の電力要素を1台で測定できる、小形タイプの電力モニタです。

電力モニタ PR300

電力設備メータと省エネルギー監視。ふたつのニーズに的確に応える、パネル取付タイプの電力モニタです。

トップ