横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

ゲノム編集ツールのデリバリーによる高効率な標的遺伝子のノックアウト

ゲノム編集ツールのデリバリーによる高効率な標的遺伝子のノックアウト

 Single Cellome Unit SU10

ゲノム編集は、生物のゲノムの任意の配列を特異的に編集する(ノックアウト、ノックイン、一塩基編集など)技術です。ZFN、TALEN、CRISPR/Cas9などのゲノム編集ツールが使用されており、認識配列の多様化や編集の正確性の向上などツールの改良が進められています。

また、ゲノム編集ツールを細胞内に確実に導入する技術の開発も重要なテーマです。当社では、様々な細胞種やゲノム編集ツールに対応可能な導入技術の確立を目指し、SU10を製品化しました。SU10は、先端径が数十nmの“ナノ”ピペット(ガラスキャピラリー)により、ゲノム編集ツール等を直接細胞(核)内にデリバリーできる新規技術です。 本アプリケーションノートでは、SU10の特長とSU10によるゲノム編集ツール(Cas9 RNP)導入事例をご紹介します。

 

結果

今回の検証結果から、以下が示されました。

  • SU10によりCas9 RNPを細胞内にデリバリーできること
  • 70%を超えるノックアウト効率を得られること
  • 従来の物理的なタンパク質導入技術よりも導入効率が良い可能性があること

従来の導入方法ではノックアウトが難しかった細胞種においても、 SU10を使用することで導入効率やゲノム編集効率が改善されることが期待されます。


アプリケーションノートダウンロード

詳細はアプリケーションノートをダウンロードしてご覧ください。 アプリケーションノートダウンロード


公式アカウント

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。是非フォローをお願いいたします。

  Follow us Share our application
•Twitter @Yokogawa_LS Share on Twitter
•Facebook Yokogawa Life Science Share on Facebook
•LinkedIn Yokogawa Life Science Share on LinkedIn

 

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List


関連製品&ソリューション

  • 自動ナノデリバリー/自動ナノサンプリング SU10

    ナノピペットを使用した細胞への穿刺、デリバリー、抜去等の一連の動作を自動化する顕微鏡コンポーネントシステムです。ナノピペットの先端サイズが非常に小さいことから細胞へのダメージを最小限にし、ライブセルを対象とした細胞の操作と解析が可能になります。

    さらに見る
  • 1細胞解析ソリューション Single Cellome™

    シングルセル・ライブセルを対象に、細胞をハンドリングする技術を開発しています。SU10は選択的で細胞へのダメージを最小限に抑えた自動ナノデリバリーを、SS2000は共焦点顕微鏡技術をベースにした全自動細胞内サンプリングを実現します。

    さらに見る
  • ライフサイエンス

    全世界で3000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング・創薬研究のデファクトスタンダードとして、最先端のライフサイエンス研究を支えています。

     

    さらに見る

トップ