電解プラントにおける溶解槽の過飽和NaCl濃度測定-測定精度・保守性等 の改善にFLXA21を採用

概要

原料塩を水に溶かす溶解槽での NaCl 濃度の管理は、電解効率と関わりがあるため、極めて重要です。
溶解槽での過飽和 NaCl 溶液の濃度測定には、NaCl や不純物が析出するために非接触形のセンサ(例えば、γ線密度計)が用いられていました。しかし、保守に手間がかかりすぎ、γ線密度計の場合は放射線の管理も必要といった問題もありました。
FLXA21 2 線式液分析計を採用することにより濃度表示が可能となり、保守性・コストパフォーマンス・測定精度なども大幅に改善できました。

 

お客様の期待

  • 溶解槽の NaCl 濃度を測定したい
  • ランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

電解プラントでは、まず、原料塩を溶解槽で水に溶かして塩水にします。この塩水には電解効率を下げる Ca・Mg・硫酸根などの不純物が含まれているので、電解槽にはこれらの不純物を除去した精製塩水にして送液します。電解槽では、精製塩水を電気分解し、苛性ソーダと塩素を生成させます。電解槽陰極側の苛性ソーダ溶液 ( 濃度:約 32%) は濃縮缶で濃縮し、約 48% 濃度の製品にします。

プロセス概略

 

YOKOGAWA のソリューション

測定システム

2 線式電磁導電率計システム

  • 検出器
    ISC40GJ-GG-T1-X □
  • 流通形ホルダ
    ISC40FFJ-PJ
  • 伝送器
    FLXA21-D-P-S-AA-C5-NN-A-N-LA-J
  • ディストリビュータ
    分析計専用ディストリビュータ
     PH201G-A □* B

ユーティリティ

  • FLXA21 伝送器
    電源電圧:17 ~ 40V DC(ディストリビュータから)
    消費電力:最大 0.9 VA
  • PH201G ディストリビュータ
    電源:100V 仕様:20 ~ 130 V DC/80 ~ 138 V AC,47 ~ 63 Hz
       220V 仕様:120 ~ 340 V DC/138 ~ 264 V AC,47 ~ 63 Hz
    消費電力:24 V DC:約 200 mA
         100 V AC:約 7 VA
         220 V AC:約 11 VA

留意点

  • 測定サンプルには、溶解槽の上澄み液を採取します。さらに、沈降槽を設けて、測定槽にはその上澄み液を入れるようにします。

設置概略図

設置概略図

 

フィールドデータ

1. プロセス条件(原料塩溶解槽)

温 度:: 約 65℃
圧 力:大気圧
測定対象:過飽和塩水
NaCl 濃度管理範囲:200 ~ 360 g/l
            ↓
          18.1 ~ 30 wt% (*)
(*):ユーザーの比重実測データによる。

2.    FLXA21 設定項目

(導電率と濃度の関係は,SC72 パーソナル SC メータで実
測して得た S = 16.3x の一次直線近似式によります。)

  • NaCl 温度補償テーブルを使用
  • 基準温度設定:25℃
出力(%) 濃度(%) 導電率 (mS/cm)
0 18 293
50 24 391
100 30 489

業種

関連製品&ソリューション

2線式電磁導電率計 FLXA202

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。堅牢なアルミダイキャストケース採用しています。TIIS、ATEXなど各種防爆に対応しています。

2線式電磁導電率計 FLXA21

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。樹脂製ケースを採用した、コストパフォーマンスの良い製品です。

電磁導電率検出器 ISC40GJ , ISC40SJ

汚れ・磨耗・腐食の対策が必要なアプリケーションでも高精度で導電率を測定します。
測定可能範囲:1 μS/cm~1999 mS/cm
プロセス温度:-10~130°C

pH検出器/ORP検出器

耐食性・耐熱性機械的強度に優れ、汎用型から純水・固体電解質、化学プラント、小型培養槽、耐フッ酸用など各種アプリケーション対応の検出器を用意しています。

導電率検出器

2電極式、4 電極式、各種アプリケーション対応の検出器を用意しています。

導電率計

上水・下水などの水質測定から各種プロセス液の導電率測定および抵抗率の測定も可能です。サニタリ形やハンディタイプもラインアップしています。

トップ