甲府事業所の省エネ活動が「グリーンITアワード2009経済産業大臣賞」を受賞

2009年10月5日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀 周造)のITを活用した省エネルギー活動が、このたびグリーンIT推進協議会の「グリーンITアワード2009 経済産業大臣賞」を受賞しましたので、お知らせします。

 今回受賞の対象となった「生産ラインにおけるエネルギー無駄ゼロへ導くIT活用」は、当社が甲府事業所で展開している、自社の省エネルギー関連製品を活用したエネルギー削減活動です。
甲府事業所では、設備や装置の省エネ化などの従来型の省エネ活動に加え、2000年前後から自社開発した送水ポンプ省エネルギー制御システム「エコノパイロット」や工場エネルギー管理システム「Enerize」を導入し、次世代FEMS(Factory Energy Management System)による「生産計画と連携したエネルギーの無駄削減」活動を進めてきました。

 今回の受賞に至った評価ポイントは、生産管理システムとの連携で品質、納期、安全を確保しつつ製品単位でエネルギー使用量が把握できるといった省エネ管理システムの導入と同時に、地道な改善活動やライン工程ごとのエネルギー使用量の個別監視、日次の電力管理など工夫の積み重ねを実施していることが挙げられます。また、中長期での環境目標を設定し、その実施状況を公表するなどの一連の活動も高く評価されています。

 当社では、今回の受賞を励みに、国内と海外において各種の工場の省エネルギー、CO2排出量削減に資する製品の開発、提供に努め、地球環境保全に貢献してまいります。

以上

※ グリーンITアワード
「ITの省エネ」及び「ITによる社会の省エネ」を両輪とする「グリーンIT」の取組みをより一層加速すべく、IT機器・ソフトウエア又はそれを活用したサービス、ソリューション等を開発・普及させたこと又は利用したことにより、社会におけるエネルギー使用量を削減させた場合等において、当該IT機器等を表彰することにより、エネルギー削減量の評価方法も含むグリーンITの活動を広く社会に浸透させ、環境保護と経済成長が両立する社会の実現に繋げるもの。

トップ