「横河武蔵野アトラスターズ」チームロゴとキャラクター決定のお知らせ

2008年6月20日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀周造)は、来シーズンからジャパンラグビートップリーグに昇格する、自社ラグビー部「横河武蔵野アトラスターズ」のチームロゴとキャラクターを下記の通り決定いたしました。

チームロゴの説明

 来シーズンからトップリーグに挑戦する「横河武蔵野アトラスターズ」にふさわしい力強い印象のデザインを採用しました。左下の黄色のマークは横河電機のコーポレートシンボルです。イエローカラーの「太陽」のイメージのもとで豊かな人間社会の実現を目指します。また、「MUSASHINO」をロゴに入れることで、地域に密着したチームであることを表現しています。

横河武蔵野アトラスターズ ロゴ

キャラクターの説明

 キャラクターはギリシャ神話に登場する天を支える巨人「Atlas」をモチーフにしました。地球に見立てた楕円球を支える姿は、産業界をグローバルに支えるYOKOGAWAを象徴します。

ロゴ、キャラクターの発表について

 6月21日(土)「ラグビーフェスティバル in むさしの Ⅶ」でチームロゴ、キャラクターの発表会を開催します。同イベントは武蔵野市ラグビー協会と共催、武蔵野市教育委員会が後援のイベントです。詳細は参考資料をご覧ください。

以上

参考

「ラグビーフェスティバル in むさしの Ⅶ」
(共催:武蔵野市ラグビー協会、後援:武蔵野市教育委員会)
日時: 6月21日(土)9:00 ~ 16:00
場所: 横河電機本社グラウンド
主なイベント
  • 13:10~13:40 小中学生対象のラグビークリニック
  • 13:45~13:55 チームロゴとキャラクターの発表会
  • 13:55~14:00 土屋 正忠衆議院議員ごあいさつ
  • 14:00~15:30 横河武蔵野アトラスターズ 対 日本IBMビッグブルー (オープン戦)
  • 14:40~14:50 邑上 守正武蔵野市長ごあいさつ (ハーフタイム)

名称の由来

「Atlastars」は、「Atlas 」と「Stars」から成る造語です。

  1. Atlas
    「Atlas」は、ギリシャ神話に登場する天を支える巨人です。産業界を縁の下で支えるYOKOGAWAを象徴します。
  2. stars
    才能にあふれる豊かな選手の集団を意味します。
  3. 武蔵野
    当社の本社が在所する武蔵野市で地元に根づいたチームを目指します。スポーツ振興や地域発展の求心力になりたいと願っています。
  4. At last
    最後(at last)に勝ち残るのはYOKOGAWAでありたいという思いを込めています。

当社ラグビー部概要

創部: 1946年
部員数: 58名(2008年6月20日現在)
  • 2006年度、当社はラグビー部を「フラッグシップスポーツ」と定めました。地域を代表するスポーツに育て、青少年育成への貢献を目指しています。
戦績:

全国社会人ラグビーフットボール選手権大会に全55回中13回出場(うち4強入り3度)
2003年度から、ジャパンラグビートップイーストリーグ10(現在は11チーム)に所属

2003年度 ジャパンラグビートップイーストリーグ10: 9位
2004年度 ジャパンラグビートップイーストリーグ10: 8位
2005年度 ジャパンラグビートップイーストリーグ11: 6位
2006年度 ジャパンラグビートップイーストリーグ11: 4位
2007年度 ジャパンラグビートップイーストリーグ11: 1位
トップチャレンジ1: 2位・・・トップリーグへ昇格
トップ