横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

eラーニング CENTUM VP エンジニアリング基礎

概要

 CENTUM VPのエンジニアリング機能を学びます。
 ビルダの基本操作を学び、エンジニアリング手順に従って、制御ロジックを作り、操作監視の画面を作って、動作させます。

コース

 ●基本コース
  CENTUM VPのエンジニアリング担当者・保守・システム設計担当者で、初めてエンジニアリングする方。
  ・CENTUM VP エンジニアリング基礎(コースコード:ECVE01M0)

 ●パックコース
  「基本コース」を5ユーザ、10ユーザ、15ユーザ単位で講座(ライセンス)を提供するお得なコースです。
  ・CENTUM VP エンジニアリング基礎( 5ユーザパック)(コースコード:ECVE10M0)
  ・CENTUM VP エンジニアリング基礎(10ユーザパック)(コースコード:ECVE20M0)
  ・CENTUM VP エンジニアリング基礎(15ユーザパック)(コースコード:ECVE30M0)
  ※16ユーザ以上の場合は、見積にて対応します。

  パックコースは、必要なユーザ数と同数のユーザパックをお申込みください。
  ユーザパックの不足分は、基本コースをお申込みください。
  例)「CENTUM VP エンジニアリング基礎」コースを7ユーザお申込みの場合
     5ユーザパック(ECVE10M0):1つ
     基本コース (ECVE01M0):2つ

コース構成(所要時間:約8時間20分)

 下線部の節は、ダイジェスト版が視聴できます。

 第1章 PIDカスケードループの作成(約3時間19分)
   1.エンジニアリング作業の流れ
   2.例題の提示
   3.VPビルダとシステムビュー
   4.プロジェクトの作成
   5.ステーションの作成
   6.制御機能の定義
   7.操作監視機能の定義
   8.ダウンロード と テスト
   9.テスト後の操作

 第2章 シーケンステーブルの作成(約1時間49分)
   1.例題の提示:シーケンステーブル
   2.シーケンステーブル解説
   3.タイマブロック解説
   4.ソフトウエア入出力解説
   5.シーケンステーブルの作成
   6.操作監視機能の定義
   7.テストの実行

第3章 汎用演算機能ブロックの作成(約1時間5分)
  1.例題の提示
  2.汎用演算ブロック解説
  3.汎用演算式の作成
  4.操作監視機能の定義
  5.テストの実行

第4章 その他のエンジニアリング機能(約1時間6分)
  1.HIS(操作監視機能)のエンジニアリング
  2.その他の機能

受講料

No. コースコード コース名 受講料(円)
(税込)
1 ECVE01M0 CENTUM VP エンジニアリング基礎 66,000
2 ECVE10M0 CENTUM VP エンジニアリング基礎(5ユーザパック) 308,000
3 ECVE20M0 CENTUM VP エンジニアリング基礎(10ユーザパック) 605,000
4 ECVE30M0 CENTUM VP エンジニアリング基礎(15ユーザパック) 880,000

お申込み方法

 「お申込み用紙」でのお申込をご希望の方は、eラーニング受講申込書に必要情報を記入し、
 トレーニングセンターへE-Mailにて送付してください。
 お申込み用紙はこちら

 ●メール記載例
  宛先:tc_info@cs.jp.yokogawa.com
  件名:eラーニング申込
  ------------------------------------
  eラーニングを申込みます。
  氏名:XXXX
  会社名:XXXXXXXXXX
  TEL:xxxx-xx-xxxx

 ●お申込み時注意事項
 ・責任者様分も受講をご希望の場合は、受講者欄にお名前をご記入ください。
 ・複数ユーザでお申込みの場合は、受講希望者様分のメールアドレスをご記入ください。
 ・受講者様のお名前がない場合は、IDのお渡しはできかねます。

 その他、お申込み内容に不明点があった場合は、都度トレーニングセンターよりご確認させていただきます。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ