温度調節・PIDモジュール

F3CU04-0S / F3CU04-1S

温度調整・PIDモジュールは、複数の入力と出力を備え、モジュール内において、複数のPID制御を行います。

特長

  • 高速・高性能を実現しています。
    入力サンプリング周期は200ms(4 ループ)です。
    入力変換精度は0.1%ofF.S.、入力分解能は0.1℃です。
  • ユニバーサル入力方式を採用しています。
    チャネルごとにそれぞれ熱電対、測温抵抗体、および直流電圧の中から選んで接続することができます。
  • “おまかせ制御”機能を搭載しています。
    最小限のパラメータ(入力レンジ、目標値など)を設定するだけで、PIDパラメータのチューニングを省略して運転開始可能です。
    運転中に目標値変更などで大きく条件が変わった場合などにもPIDパラメータの再計算を自動的におこないます。

仕様

一般仕様

  F3CU04-0S F3CU04-1S
ループ数 4Loop
絶 縁 入力端子-内部回路間 フォトカプラおよびトランス絶縁、耐圧1500V AC、1 分間
入力端子間
出力端子-内部回路間
警報機能の種類 12種類
測定値上限警報、測定値下限警報、偏差上限警報、偏差下限警報、偏差上下限警報、上下限偏差内警報
(上記6 種×待機動作の有無)
警報出力(入力リレー)点数 4点/Loop
(このうち警報1、2に連動して入力リレー2点/Loopが動作します)
警報ON ディレイ機能 あり
ウォームアップ時間 30 分以上
許容周囲温度変化率*1 10℃/h 以下
取付け姿勢 横倒し、天地逆 不可、モジュール上・下部通風孔閉鎖不可
外部接続 18点端子台、M3.5 ネジ 1組 18点端子台、M3.5 ネジ 2組
外形寸法*2 28.9(W)×100(H)×106.1(D)mm 58(W)×100(H)×106.1(D)mm
消費電流 460mA(5V DC) 470mA(5V DC)
質量 200g 350g

*1:これを超える条件下では熱電対入力の基準接点保証精度の誤差が大きくなります。
*2:突起部を除く寸法

入力仕様

  F3CU04-0S F3CU04-1S
入力サンプリング周期 200ms/4Loop、100ms/2Loop
入力種類と計器レンジ

ユニバーサル入力
各入力独立にソフト設定、または全入力一括でハード設定が可能
  熱電対入力       :15 種類
  測温抵抗体入力     :9 種類
  直流電圧(DC mV)入力:2 種類
  直流電圧(DC V)   :4 種類

入力精度 ±0.1%ofF.S.
バーンアウト検出機能 熱電対、測温抵抗体で機能
アップスケール/ダウンスケール/なし、から選択可能
バーンアウト
検出電流
熱電対 100nA 以下
測温抵抗体 100nA 以下
基準接点補償誤差 熱電対*3 ±2.0℃(0~55℃)
測定電流値 測温抵抗体 約270μA
許容配線抵抗値 測温抵抗体 10Ω以下/1 線(ただし3 線間のばらつきなし)
許容信号源抵抗値 熱電対/mV 250Ω以下
直流電圧 2kΩ以下
許容入力電圧範囲 -20~20V DC
ノイズ除去比*4 コモンモード 120dB(50/60Hz)
ノーマルモード 40dB(50/60Hz)
周囲温度の影響 入力安定度 : ±0.01%/℃または±1μV/℃のいずれか大きい方

*3:全入出力端子の結線が適正(圧着端子の使用、配線の線径、接続の有無)に行なわれた場合の値です。
*4:電源周波数選択が正しくされた場合の値です。

出力仕様

  F3CU04-0S F3CU04-1S
出力点数 4 8
外部供給電源*5 24V DC±10%、10mA 24V DC±10%、250mA
時間比例PID出力(オープンコレクタ) 定格負荷電圧 24V DC
最大負荷電流 0.1A/点 0.1A/点かつ0.4A/8 点
ON電圧 0.5V DC 以下
OFF時漏洩電流 0.1mA 以下
応答時間 OFF→ON : 1ms 以下、ON→OFF : 1ms 以下
サイクルタイム 0.5~240s
時間比例分解能 10ms または0.05%ofF.S.のいずれか大きい方
連続PID 出力
(4-20mA 出力)
出力レンジ なし 4-20mA
(3.2~20.8mA)
許容負荷抵抗 600Ω 以下
出力精度 ±1.0%ofF.S.
出力分解能 0.05%ofF.S.

*5:本モジュールの温度入力機能のみを使用し、出力端子を使用しない場合には外部供給電源は不要です。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ