自律型コントローラ FCN-RTU

自律型コントローラ FCN-RTU

FCN-RTUは、堅牢かつ高信頼設計を採用し、情報処理/Web発信機能を併せ持つ 低消費電力タイプの自律型コントローラです。
また、CPUモジュールにI/Oインタフェースを内蔵しているため、コンパクトなシステム構成が可能です。I/Oモジュールの追加実装も可能なため、拡張性にも優れたコントローラです。

自律型コントローラ FCN-RTU は、DCSゆずりの高信頼設計を採用し、情報処理/Web発信機能を併せ持つ自律型コントローラです。
先進の開発環境で、設備や装置の頻繁な増改造に簡単かつ高品質に対応することができます。

ハードウェア特長

  • コンパクトなコントローラ

情報発信機能 InfoWell

  • 機器/設備の異常を迅速に検知
  • プログラミングレスで簡単エンジニアリング

エンジニアリング

  •  ツール
    • 国際標準規格 IEC 61131-3(JIS B 3503)に準拠したコントローラ開発言語
    • ロジックの部品化/構造化/再利用も簡単
    • 二重化を意識したエンジニアリングは不要
  • デバッグ
    • シミュレータを用いたターゲットレスデバッグ
    • ソフトワイヤリング
    • ループチェック機能など充実のデバッグ機能
  • PASポートフォリオ
    • 「制御の横河」のノウハウを蓄積した高機能部品

ハードウェア特長

構成

  • 最小のシステム構成で監視制御が可能
    • CPUモジュールに、アナログ入出力、デジタル入出力、パルス入力端子を内蔵
  • 2種類のベースモジュールを用意、コンパクトかつ拡張的
    • ショートタイプベースユニット:
      I/Oモジュールを3枚まで実装可能
    • ロングタイプベースユニット:
      I/Oモジュールを8枚まで実装可能
  ロングタイプベースユニット
ロングタイプ

CPUモジュール

  • 高速制御
    • 50msアナログ制御、10ms CPUスキャン
  • 内蔵入出力端子
    • アナログ入力 (1-5V DC) : 12 点
    • アナログ出力 (4-20mA) : 2 点
    • デジタル入力 : 16 点
    • デジタル出力 : 8 点
    • パルス入力 (0-10kHz) : 2 点
    • アナログ入力 (0-32V DC) : 1 点
  • バラエティに富んだ通信ポート
    • 100 BASE-TX Ethernet : 1 ポート
    • RS-232 : 3 ポート
    • RS-422/RS-485 : 1 ポート
  • 故障しにくい設計
    • フェイルセーフファイルシステムを採用し、急な電源断にも対応
    • RAM の1ビット故障を修正するECCメモリで、不再現トラブルが激減
  • Javaによる情報処理機能
  • 低消費電力
    • 3W以下の低消費電力を実現
  FCN-RTU CPUモジュール
CPUモジュール

接続

  • TCP/IPベースネットワーク
    • PLCとダイレクトに接続可能
  • 豊富なフィールド通信
    • RS-232-C/422/485、HART、PROFIBUS-DP、CANopen

I/O

  • 活線挿抜で、故障時対応が簡単・安心
    • 稼働中でも、I/Oモジュールの抜き差しが可能
      I/Oモジュールを差し替えると、I/O機能定義情報がCPUから自動ダウンロードされ、即動作を開始可能(ツール不要)
    • ワイヤリングを外すことなく、交換が可能
    • フォールバック機能搭載(CPUモジュール故障時動作定義)
  • 豊富なアナログI/O
    • 4~20mA、1~5V、-10~+10V、RTD、TC/mV
    • 押し締め端子、DINコネクタ
    • チャネル間絶縁、絶縁、非絶縁
    • アナログI/O (マルチ制御ループ)、AI、AO
  豊富なアナログI/O

信頼性

  • 高信頼設計
    • 故障を少なくする設計(広温度範囲、長持ち設計)
    • 故障の影響を少なくする設計(故障時および交換時の制御連続性、ECCメモリなど)
    • メンテナビリティ(全モジュールの活線挿抜対応などの故障対応容易化、交換不能バックプレーンへのIC非搭載)
    • 安全規格、EMC規格対応
    • 防爆規格対応(オプション)
    • G3対応(コーティング処理 : オプション)

情報発信機能 InfoWell でさらに簡単エンジニアリング

ループ制御とシーケンス制御の実行環境とは別にJavaアプリケーションの動作環境を装備しています。
HMI/SCADAソフトウェアに依存せず自ら情報を発信することが可能です。

ネットワークによる機器連携・情報発信機能

携帯端末に対してアラームやメッセージを Eメールで送信したり、内部メモリに保存したデータを FTP サーバへ転送するなどデータ運用に幅が広がります。

InfoWell(インフォウェル) 機能説明

InfoWell ロゴ   JavaプログラミングやHTML、CGIなどの知識が必要なWebアクセスやEメール発信機能を 【プログラミングレス】 で実現可能になりました。

InfoWell 概要


Webアプリケーションポートフォリオ

Webアプリケーションポートフォリオを使用すると、FCN-RTU をWebサーバとして、ネットワーク上のすべての汎用PCから設備の監視・操作が行えるようになります。

Webアプリケーションポートフォリオ

E-mailアプリケーションポートフォリオ

FCN/FCJのイベントやアラーム発生時に、任意のメッセージを自動的にメール発信する機能です。

グラフィックポートフォリオ

ビットマップ形式やJPEG形式などの画像ファイルを背景画として表示し、この背景画の上に数値やバーグラフなどの部品を配置したグラフィック画面をWebブラウザで表示することができます。

グラフィックポートフォリオ

ロギングポートフォリオ

制御アプリケーションのデータを収集/保存し、汎用PCのWebブラウザで簡単に表示(トレンド表示、表形式表示)できます。

エンジニアリング [ツール]

2つのツールで優れた移植性 (物理と論理の分離)

制御アプリケーション開発ツール 「ロジックデザイナ」

  • 国際標準規格IEC 61131-3 (JIS B 3503) に完全準拠した
    コントローラ開発言語
  • メーカ固有の言語を習得する必要なく設計の効率化が可能
  制御アプリケーション開発ツール ロジックデザイナ

制御アプリケーション環境設定ツール
「リソースコンフィギュレータ」

  • 制御アプリケーションとI/O との接続設定、IPアドレスの設定など制御アプリケーションの環境を設定するツール
  • 制御アプリケーションと実I/O 設定の分離により、I/O モジュールの実装位置の変更を制御アプリケーションの変更なしで可能
  制御アプリケーション環境設定ツール リソースコンフィギュレータ

IEC 61131-3 (JIS B 3503) 準拠のプログラム開発

5 種類の開発言語をサポート、ループ制御もシーケンス制御も同じツールで構築

  • ファンクションブロック、ラダー、SFC など5種類の言語を用途や好みに応じて使い分けできます。
  • ループ制御とシーケンス制御を同一の開発環境で構築できます。
機能ブロック図 (Function Block Diagram)   ラダー図 (Ladder Diagram)
機能ブロック図 (Function Block Diagram)   ラダー図 (Ladder Diagram)
     
シーケンシャルファンクションチャート
(Sequential Function Chart)
  構造化テキスト言語 (Structured Text)
シーケンシャルファンクションチャート  (Sequential Function Chart)   構造化テキスト言語 (Structured Text)
     
命令リスト言語 (Instruction List)    
命令リスト言語 (Instruction List)    

工業量データ処理で直感的なエンジニアリングが可能

  • アナログの内部データは、工業量データを使用しています。正規化 (0 ~100 %) データから工業量データへ変換する必要がありません。
  • デバッグ時の内部データ確認も直感的に認識できます。

定形化し、再利用可能なプログラミング

  • アプリケーションポートフォリオを用意
    • YOKOGAWA が長年培った制御のノウハウを活かした高機能、 高品質の制御ロジックを部品化したものです。
    • ロジックデザイナ上で必要な部品を選び、プログラムに張り付けて使用します。
  • 作成したプログラムの部品化が可能
    • 作成したプログラムを機能単位に階層的に部品化が可能です。
    • 部品化によりプログラムの再利用が行えます。
    • 部品をパスワードロックすることにより、部品のブラックボックス化が可能です。
  定形化し 再利用可能なプログラミング

回路図の雛形でエンジニアリング工数を削減

  • YOKOGAWA が提供する 回路図の雛形 (ネットワークテンプレート) を用いることで、 “簡単に”、“手早く”、“品質の高い” アプリケーション開発が行えます。

ネットワークテンプレート エンジニアリング工数を削減

エンジニアリング [デバッグ]

自律型コントローラFCN-RTU のエンジニアリング環境は、高機能で豊富なデバッグ・メンテナンス機能により、システム導入から増改造に至るまで、 工数削減に貢献します。

ターゲットレスデバッグ

パソコン上で、コントローラのシミュレータが動作します。コントローラなしで制御ループの構築・デバッグが可能です。   ターゲットレスデバッグ

ソフトワイヤリング機能

  • FCN-RTU に外部信号を入力しなくても、入出力モジュールへの結線定義をソフト的に配線 (ワイヤリング) するソフトワイヤリング機能を備えています。
  • ループチェックやラダーシーケンスのテストをキャリブレータやテストスイッチを使用すること無く実施できます。
  ソフトワイヤリング機能

オンラインダウンロード機能

  • 制御を止めることなく、制御アプリケーションの修正・変更、I/O の割り付け変更などが行えます。
  • オンラインダウンロード時に二重化を意識する必要がありません。
  オンラインダウンロード機能

ループチェック機能

  • FCN-RTU の配線チェック (ループチェック) を支援するツールです。
  • 現在の入力値の確認や指定値の出力ができ、I/O モジュールの動作確認を行うことができます。
  ループチェック機能

ロジックアナライザ

  • ロジックデザイナを用い、コントローラのスキャン周期に同期させて変数データを収集、トレンド表示します。
  • 取得したデータをエクスポートし、調査・解析に活用できます。
  ロジックアナライザ

オンラインヘルプ機能

  • 充実したオンラインヘルプを用意しています。
  オンラインヘルプ機能

メンテナンス

FCN-RTU のシステムログだけでなく、CPUモジュールやI/Oモジュールの情報もウェブブラウザで確認でき、メンテナンス効率を飛躍的に改善します。

  • システムオーバービュー
    メモリサイズ、OSのリリース/レビジョン、IPアドレスをオンラインでチェックできます。
 
  • システムログ
    システムログは、アプリケーション・エラーの要因を特定するのに役立ちます。
 
  • CPUステータス
    シングルまたは二重化されたCPUモジュールのシリアル番号やリリース/レビジョンを確認できます。
システムオーバービュー   システムログ   CPUステータス

エンジニアリング [エンジニアリング部品集(APPF)]

アプリケーションポートフォリオ(APPF)は、FCN-RTUのエンジニアリング環境である ロジックデザイナ上で使用する「エンジニアリング部品集」です。
また、FCN-RTUでは 標準の制御機能の組合せで実現する複雑な機能を、POU(Program Organization Unit)として、1つの部品にまとめることができます。
アプリケーションポートフォリオは、当社が用意した様々なPOUをプロセスや用途ごとにまとめて、高品質・高機能な部品として提供するものです。
こちらを使用することで、アプリケーション構築の品質向上と短納期化を実現します。

アプリケーションポートフォリオ(APPF)

アプリケーションポートフォリオ (APPF) には以下をご用意しております。

  • PAS ポートフォリオ
  • 情報発信機能 InfoWell
    • Web アプリケーションポートフォリオ
    • E-Mailアプリケーションポートフォリオ
    • グラフィックポートフォリオ
    • ロギングポートフォリオ
  • FA-M3 通信ポートフォリオ
  • MELSEC 通信ポートフォリオ
  • Modbus 通信ポートフォリオ
  • DNP3 通信ポートフォリオ

PASポートフォリオ

制御の横河がノウハウを蓄積した、プロセス制御を簡単に実現するための高機能部品(POU: Program Organization Unit)です。
連続制御POUやシーケンス制御POU、数値演算POUなどをご用意しております。
主なPOU一覧は下表をご覧ください。

PASポートフォリオ一覧

カタログ
取扱説明書
一般仕様書
技術情報

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ