横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

レーザガス分析計TDLS8000では、光軸(光路長6m以下)あわせの方法と光軸調整の頻度はどれくらいですか?

発光側の画面に透過光量モニタをすることによって、光軸調整が可能です。
その頻度としては、設置環境に依存します。
また、炉の温調による熱膨張などによって軸ズレする可能性はありますが、軸ズレの影響を小さくする構造となっているため、そのような影響を極力抑えています。
もし、軸ズレが起こった場合には再度調整していただくようになります。

関連製品&ソリューション

レーザガス分析計 TDLS8000

過酷な条件下でも燃焼排ガス等のプロセスガス中のO2, CO (+CH4), H2O, NH3 (+H2O)を高精度に安定して測定します。堅牢小型で設置・維持コストを削減、燃焼排ガス NH3 脱硝プロセス、爆発防止の安全監視やプロセス不純物の上限監視など、安全操業に貢献します。

トップ