産業用IoT データロギング&ダッシュボード

産業用IoT データロギング&ダッシュボードは、プラント内に設置された装置の状態データやOPC経由で収集した操業データを、Webブラウザベースの統合画面で表示することができるパッケージです。

概要

プラントの操業・改善にはデータの見える化が欠かせません。本製品を活用して運転情報と装置の情報 (振動や温度) を組み合わせて監視することで、メンテナンスの高度化やトラブルの予兆検知に繋げることができます。

 

産業用IoTデータロギング&ダッシュボード
産業用IoTデータロギング&ダッシュボード概要

*1:XS770A一体形無線振動センサ Sushi Sensor
*2:Windows 環境における標準的なアプリケーション間通信の手段である OLE (Object Linking and Embedding) を、プロセス制御に応用したもの。OPC によって、複数の Windows 汎用アプリケーション間で、プロセスデータの受け渡しが可能 *3:Computerized Maintenance Management System (設備保全管理システム)

 

特長

品質安定化、運転改善、省エネ、設備管理といった操業全般の改善のためのデータを蓄積し、監視・解析するための環境を提供します。

装置の状態データと操業データを統合監視
収集したデータは数値表示ができるだけでなく、トレンドグラフやバーグラフによる比較表示も可能です。ユーザーは収集したデータの中から表示したいデータを選択するだけで、用意された画面テンプレートを利用して表示画面を作成できます。
Sushi Sensor が収集する加速度/速度/温度などの装置の状態データと、DCS・PLC 等からOPCを経由して収集できるプラントの操業データを蓄積し、表示・監視できます。
 
アラート発生時の外部通知機能を標準装備
データ毎に閾値を設定することで、閾値監視が行えます。閾値超過を検知した際には、登録された電子メールアドレスにアラート発生メールを送付します。また eServ の機器管理情報としてアラート発生を書き込むことができます。パトライトなどの外部システムへの通知もできます。
 
お客様の環境に合わせて選択できるシステム構成
お客様が管理する装置の設置範囲に合わせて、オンプレミスまたはクラウドを選択できます。管理対象が工場内に限定される場合はオンプレミスで、複数拠点の装置を統合して管理する場合にはクラウドの様にお客様の運用に合わせたシステム構成を選択できます。 また、一度オンプレミスで構築した環境を規模拡張に合わせてクラウドへ移行することも可能です。
 
クライアントを自由に追加可能
ユーザーインターフェースにWebブラウザ (Google Chrome) を採用しています。Google Chromeがご利用できるPCであれば、どのPCからでもご利用できます。
 
Sushi Sensor用の専用画面を標準装備
プラント内の異なる製造工程や製造ラインに設置された複数の SushiSensor の加速度/速度/温度のデータを表示する専用画面や一覧画面を標準装備しています。

機能

産業用IoT (IIoT) 情報、制御・運用技術 (OT) 情報を統合監視するために、以下の機能を搭載しています。

収集・蓄積 Sushi Sensorからの設備の状態データとOPCサーバからの操業データを同時に収集し、長期間に渡って蓄積できます。
ダッシュボード 接続中のSushi Sensorが正しく動作して設備の状態データが送られているか、容易に確認できます。
トレンドグラフ Sushi Sensorからの設備の状態データとOPCサーバからの操業データを取り混ぜて、最大16ペンのトレンドグラフを表示できます。データをCSV出力することで、汎用ツールで分析することも可能です。
閾値監視 Sushi Sensorからの設備の状態データやOPCサーバからの操業データに対し閾値を設定する事で、閾値トレンドの表示と閾値監視を行うことができます。閾値を逸脱したデータに関してアラートを発生することができます。
アラート一覧 現在発生中のアラートの一覧や、アラート発生履歴を確認することができます。
eServ (CMMS) 連携 アラート発生をeServ (設備保全管理システム) に伝えることができ、保全アクションを促すことができます。
警報メール通知 アラート発生をe-mailによって任意のメールアドレスに伝えることができ、保全アクションやデータ分析作業を促すことができます。

 

 

システム構成

管理対象の範囲によってオンプレミスの環境とクラウドの環境を選択することができます。クラウドの場合、複数拠点の装置や操業データを統合監視することが可能です。

システム構成図

システム構成例

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ