多点のボイラ温度監視

ボイラの温度監視等、多点の測定を行い、データを記録・管理する場合、ペーパレスレコーダ DX1000/DX2000と、データアクイジション MW100をModbus通信で接続することにより、最大348点の記録が可能になります。

多点のボイラ温度監視

  • MW100とMODBUS通信で接続可能。DX本体の入力と合わせて最大348点の記録が可能となります。
  • 最大348点入力を一台のDXで集中監視していますので、データの一元管理が容易となり、管理・監視の手間を軽減できます。

関連製品&ソリューション

DAQMASTER™シリーズ MW100

Webブラウザの特性を活用することで、複数箇所での情報共有を実現し、施設管理/設備監視に最適な広域分散型の遠隔監視/データ収集システムを構築できます。

ペーパレスレコーダ DX1000/DX2000

FDA 21CFR Part 11対応 拡張セキュリティ機能(オプション)を搭載したモデルです。

トップ