ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

Japan

jp

個人投資家の皆さまへ

どんな会社?

どんな会社?業績は?戦略は?株主還元は?特集レポート

横河電機って どんな会社?

沿革

当社の歴史は、1915年(大正4年)9月1日、東京府渋谷町(現在の渋谷区渋谷3丁目付近)に設立された「電気計器研究所」(所員数4人)から始まりました。
第二次世界大戦、高度経済成長、オイルショック、バブル崩壊や円高不況など激動する社会・経済情勢を乗り越え、100年後の今日、 グループ全体の従業員数およそ2万人、制御分野におけるリーディングカンパニーの一つに数えられるまで成長を遂げました。

創業者 横河民輔

創業者 横河民輔

1915年9月

建築家・工学博士の横河民輔が、横河一郎、青木晋らとともに、東京府渋谷町に電気計器研究所を設立
翌年、横河電機製作所と改称

1917年6月
電気計器を発売
日本の電気計器国産化の先駆けとなる
1920年12月
株式会社組織とし、(株)横河電機製作所となる
1927年8月
YEW を商標登録
1933年5月
航空計器、流量・温度・圧力等の
自動調整装置の研究・製造を開始
1935年11月
本社を吉祥寺工場へ移転
1948年10月
株式を一般に公開
1950年12月
日本初の電子管式自動平衡計器を完成
1955年6月
フォックスボロー社(米国)と工業計器に
関する技術援助契約を締結
1957年10月
北米営業所 Yokogawa Electric Works, Inc.
を設立
1964年12月
工業用分析計市場に本格進出
1966年0月
渦流量計を完成し、製造・販売を開始
1974年3月
シンガポール工場
Yokogawa Electric Singapore Pte. Ltd.を設立
1974年7月
甲府工場(現在の甲府事業所)が操業開始
1974年10月
オランダにヨーロッパ営業所
Yokogawa Electric (Europe) B.V.を設立
1975年6月
世界初の分散形制御システム、
総合計装制御システム「CENTUM®」を発表
1983年4月
(株)北辰電機製作所と合併し、
横河北辰電機(株)に社名を変更
1986年10月
CI(コーポレート・アイデンティティ)を実施、
横河電機(株)に社名を変更
1988年7月
高周波測定器分野へ本格参入
1990年7月
バーレーンにYokogawa Middle East E.Cを設立
1994年4月
小峰工場が操業開始
1996年4月
共焦点レーザ顕微鏡スキャナを発売、
バイオテクノロジー分野に参入
2002年10月
安藤電気(株)の全株式を取得
2006年1月
ライフサイエンス事業の戦略拠点、
金沢事業所が操業開始
2008年7月
新薬開発を支援するバイオテストシステムを開発、 創薬支援システム市場に本格参入
2010年4月
測定器ビジネスを横河メータ&インスツルメンツ(株)に統合
2013年11月
国内制御事業の販売、エンジニアリング、
サービスを担う、横河ソリューションサービス(株)が発足
2015年5月
中期経営計画「Transformation 2017」を発表
2015年9月
創立100周年
2016年4月
KBC Advanced Technologies plcを買収
2018年5月
中期経営計画「Transformation 2020」を発表
渋谷工場:創業の地

渋谷工場:創業の地

初期の電気計器

初期の電気計器

吉祥寺工場全景

吉祥寺工場全景

ニューヨーク事務所

ニューヨーク事務所

操業開始当時の甲府事業所

操業開始当時の甲府事業所

初代CENTUM

初代CENTUM®

YOKOGAWA
金沢事業所

金沢事業所

武蔵野本社 (2015年3月)

武蔵野本社 (2015年3月)

創業の精神/企業理念

創業の精神

“品質第一主義 パイオニア精神 社会への貢献”先人の想い「君たちは、この仕事でもうけようなどと考える必要はない。それよりもまず、技術を覚え、技術をみがくことだ。横河電機の製品はさすがに良い、といわれるようにしてもらいたい。」創業者横河民輔

創業にあたって横河民輔が所員に語りかけたこの言葉は、横河電機の100年有余の歴史をつらぬく創業の精神として今日まで受け継がれています。

企業理念

YOKOGAWAは計測と制御と情報をテーマにより豊かな人間社会の実現に貢献するYOKOGAWA人は良き市民であり勇気をもった開拓者であれ(1988年1月発表)

企業理念は、YOKOGAWAの将来の進路や将来の姿を今日的視点から明確にしたものであり、その根底には創業の精神が脈々と生きています。

事業概要/主な業種とソリューション

事業別売上構成(2014年度)

制御事業

各種プラントの生産設備の状態をリアルタイムで計測する高信頼のセンサ、分析機器、高い稼働率の制御・運転監視を保証するDCS(分散形制御システム)、プラントの事故を未然に防ぎ、非常時の被害の拡大を防ぐ安全計装システム、生産管理を支える高信頼のソフトウエア製品・サービスの提供などにより、制御分野のリーディングカンパニーとしてグローバル市場で高い評価を受けています。常にお客様の視点に立ち、生産の効率化、プラントの可用性・信頼性の確保、資産の最大活用、安全の確保、ライフサイクルコストの最適化などにより、お客様とともに新しい価値を創造することで、お客様の課題に対して最適なソリューションを提供し、石油・ガス、化学、電力、鉄鋼、紙パルプ、薬品、食品などのさまざまな産業の発展を支え続けています。 また自社開発のみならず、企業買収やITベンダーとのアライアンスを通して得られた新しい技術、経験、ソリューションの融合により、お客様の事業活動全体(バリューチェーン、サプライチェーン)の課題の可視化、最適化を支援し、お客様事業の新たな価値創造へ貢献しています。

主な製品

計測事業

創立以来の事業である計測分野では、電気・電子製品、自動車などの開発や、環境計測、通信などの市場に向けて、高信頼の測定器を提供しています。また、細胞を生きたまま観察できる共焦点スキャナ、新薬の候補となる化合物のテストを自動化する創薬支援システムなど、新たな市場をひらく商品も提供しています。

主な製品

航機その他事業

航空機コクピット用のフラットパネルディスプレイ(多機能液晶表示装置)は視認性、耐環境性に優れており、エアバス社の最新鋭機を含め広く採用されています。また、大型客船から貨物船までさまざまな船舶に、ジャイロコンパスやオートパイロットなどの航海機器を納入しています。雨量計、水位計などの気象水文機器も提供し、自然災害の防止に貢献しています。

主な製品

※2015年度から「計測機器」を「計測」、「その他」を「航機その他」に名称変更しました。

個人投資家向け会社説明資料

  • IR情報TOP
  • 業績は?
TOP